TOP > 海の上からこんにちは! 愛犬ぷりぷりとプチクルーズの旅

海の上からこんにちは! 愛犬ぷりぷりとプチクルーズの旅

ベイブリッジとぷりたん。「ははは早く撮ってぇぇ……」。揺れる船にビビりまくり。
ベイブリッジとぷりたん。「ははは早く撮ってぇぇ……」。揺れる船にビビりまくり。

 前回お届けした「ヨコハマお花見ぷり散歩」。最初に向かったのは船乗り場でした。実はお気に入りのクルーズがあるのです。

 

(末尾に写真特集があります)


 大桟橋から山下公園、ベイブリッジ、みなとみらい地区と、横浜ならでは風景を船上から楽しむ「横浜港内クルーズ」。船内には入れませんが、外のデッキ席はワンコもOK! 45分のちょっとした船旅です。ビールを買い込み、いざ乗船!


「かわいいですね!」と、ぷりを見た船員さんがニッコリ。で、「なんていう種類の犬ですか?」。


 はは……また聞かれた。こう見えて正真正銘のトイプードルなんです、はい。


 と苦笑いしていたら、山下公園が見えてきました。


「山下公園は、関東大震災のガレキを埋め立てて造られた日本初の海浜公園。震災復興のシンボルなんですよ」


 と船員さん。へぇ! ハマっ子オカンもそれは知らなかった。勉強になります。


 横浜港の象徴、氷川丸の巨大な船体をのけぞりながら眺めつつベイブリッジ方面へ。本来はベイブリッジの下を通ってその先まで回遊するのですが、この日は風が強く手前で旋回。残念! 天候が良ければ、橋の下からのダイナミックな眺めを楽しむことができます。


 さぁ、ベイブリッジ&ぷりたんで記念撮影。が、橋、遠っ! さらに風で船体が揺れるせいか、ぷりの表情がビミョーすぎる(写真ご参照)。


 湾内をぐるっと回るとパシフィコ横浜エリアが近づいてきました。目の前には、みなとみらいのシンボルの一つ、ヨットの帆をモチーフにした外観のヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルが。


「建物のてっぺん、ヨットの帆の先のちょっと下あたりに女神の像があるんですよ」


 それも初耳! 残念ながら遠すぎて肉眼ではちと見えない。あとでネットで調べたら、海の安全と世界の平和を導くという願いを込めた「みちびき」という名の女神像なのだそう。ホテルのロビーにはそのレプリカ像があり、「願い事がかなう」「結ばれる」という言い伝えもあって一緒に手を合わせるカップルもいるとか。へぇへぇへぇ!


 その先には、温泉施設「万葉倶楽部」の裏手の桜(前回紹介)がキレイに咲き誇る風景が望めました。


「お船の上からお花見なんてゼータクだワン」と、ぷりもご満悦(多分)。


 最後に赤レンガ倉庫の近くを通り、埠頭へ戻ります。少し風が強かったけれど、気持ちのいいプチ船旅でした。5月には大型犬もOKのワンコ専用クルーズが企画されているとか。これは人気が出そう!


 ワンコフレンドリーな港町ヨコハマ。ぷりもいつもシッポをぷりぷりしながら楽しそうに歩いています。また行こうね!

前へ
大桟橋の埠頭から乗船できる「横浜港内クルーズ」。この日乗ったクルーズ船と、はいチーズ!
次へ
出典:sippo
1/4
前へ
次へ
うまこ

うまこ(うまこ)

フリーライター。人物インタビューのほか、日本酒やワインなど醸造酒LOVEで、酒蔵やワイナリー、ワインバルなどを趣味と実益を兼ね(公私混同ともいう)取材する。犬種を問わずすべてのワンコを愛する博ワン主義。ワイナリードッグや酒蔵ワンコを訪ねて国内外を旅することが密かな夢。


トイプー「ぷりぷり」の二食昼寝付きの記事


専門の獣医師があなたの疑問にお答えします(健康医療相談)