TOP > 猫にとっての重大ニュースといえば… ついに、こたつ登場

sippo・sippo|更新|2017/10/19

猫にとっての重大ニュースといえば… ついに、こたつ登場

こたつ登場に歓喜する猫ら
こたつ登場に歓喜する猫ら

 

 我が家の猫らが、1年で最も心落ち着く季節がやってきました。

 

(末尾に写真特集があります)

 

 というのも、先日“こたつ”を出したからです。

 

 猫にとっての「年間重大ニュース」があるとしたら、“歓喜!こたつ登場”と、“悲報、こたつ撤去”が、きっと上位にランクインするでしょう。

 

 10月というのにあまりに寒い日が続き、猫だけでなく私もこたつが恋しくなったので、こたつ布団を出すことにしました。

 

 ちなみに、我が家はこたつを1年中テーブルとして使っているので、こたつ布団さえかければ、たちまち温かいこたつの出来上がりなのです。

 

 布団を出すと、ほんの少し目を離したすきに、キジトラ猫のモモが、床にまるまった状態の布団に潜り込んでしまいました。布団の折り目に身体をすっぽり入りこませて、お尻としっぽだけが出ています。

 

「モモちゃん、まだ入っちゃだめだよ! かわいいけど~」

 

 モモがどれだけ、こたつを待ち望んでいたかが分かります。モモは、かなりのビビり猫のせいか、こたつの中で過ごすと安心するようで、毎年こたつ依存症になるのです。

 

 こたつの天板を外し、モモを布団から追い出して、布団をセット。天板を戻して、こたつが完成するやいなや、サッサーと逃げ込むように入るモモ。満足そうにこたつの中でまるまっています。

 

 これで、余程寒くない日以外は、こたつの電源をつけなくても、猫の体温でこたつが温かくなる“ねこたつ”で、人間も温かく過ごすことができます。

 

 私も足を入れて、ねこたつで温まっていると、サビ猫あんずがニャーニャー鳴き始めました。

 

 その日は、まだ遊んでいなかったので、遊びの催促でした。あんずにとっては、出したばかりのこたつより、一日の日課の遊びが重要なようです。

 

 いつもは、あんずを遊ばせていると、モモも参加するのに、その日はこたつから出てきません。

 

 どちらかというと、モモのほうが、運動が必要な体型をしているため、こたつ布団をめくり、遊んでいる様子を見せました。

 

「モモちゃん! ほら、遊んでいるよ、楽しいよ~」

 

 モモは、布団がめくれたこたつの中から、じっと遊びを見てはいるものの、動かざること山の如し状態です。

 

 一方、あんずはドタバタと走り回り、存分に遊びを楽しんでいます。結局、その日はあんずだけが遊び、完全燃焼したあとは、こたつに入るどころか、床にお腹をつけてクールダウンしていました。

 

 その後、あんずは少しだけこたつに入ったものの、すぐに出てきてしまいました。あんずも、こたつが大好きなはずなのですが、まだ少し暑かったようです。

 

 でも夜が更けると、2匹でこたつの中で眠るようになりました。まだ10月ですが、人間より一足先に冬支度に入ったようです。猫の方が、毛皮があって暖かそうなんですけどね。

 

(ヤスダユキ)

前へ
何か隠してるでしょ!?
次へ
出典:sippo
1/5
前へ
次へ

猫アレルギーですけどの記事


専門の獣医師があなたの疑問にお答えします(健康医療相談)