TOP > 検索結果

“パピーウォーカー”検索結果

6件 1〜6件目

盲導犬の育ての親になろう パピーウォーカーの講習会

 今年はいぬ年。盲導犬の訓練施設「富士ハーネス」(富士宮市人穴)で14日、盲導犬を目指す子犬を飼育するボランティア「パピーウォーカー」らを対象にした講習会が開かれた。ラブラドルレトリバーの子犬6頭と…[ 続きを読む ]

1年育てた犬と半年ぶりに再会! 盲導犬めざし、りりしく成長

 盲導犬の候補の子犬を1年間預かって世話をするボランティア「パピーウォーカー」。ラブラドール・レトリーバーの「サンディ」を育てて、日本盲導犬協会に送り出した家族のもとに、半年後、朗報が入った。サンデ…[ 続きを読む ]

盲導犬めざす子犬を1年だけ預かる… 初めて犬を飼った家族の大きな変化

「この世にこんな切ないことがあるなんて。部屋が妙に広く感じます。『サンディ』はがんばって訓練しているのかしら」  東京都内のマンションに住む高井明子さん(42歳)が、リビングを見渡して言う。高井家は…[ 続きを読む ]

たくさんの善意で育つ盲導犬 一般家庭の「パピーウォーカー」とは? 東日本盲導犬協会

 視覚障害者の歩行を助ける盲導犬は、全国で約1千頭が活躍する。一方で、盲導犬との歩行を希望する視覚障害者は約3千人と言われ、数が圧倒的に足りない。宇都宮市の東日本盲導犬協会は盲導犬を無償貸与するため…[ 続きを読む ]

第10回 塀の中で盲導犬候補の子犬を育てるパピープログラム 信頼と愛情を得る受刑者たち

「がんばれよー」 「元気でな」  犬を抱きしめ、ほおずりする人。体をさすり、頭をなでる人。犬のほうもひざに乗ったり、顔をなめたりして、全身で甘えている。  これは1月23日に島根あさひ社会復帰促進セ…[ 続きを読む ]

夢はりっぱな盲導犬 ラブラドルのバロン4カ月、パピーウォーカーに育てられ中

 ボール遊びと、音の出るオモチャを鳴らすのが大好き。今はパパ、ママ、お姉ちゃんに思いっきり甘えてる。別れの日を思うとママは泣きそうなんだって。でもボク、2年後には立派な盲導犬になるよ! (東京都東久…[ 続きを読む ]

1ページ中1ページ目を表示