TOP > 検索結果

“ラブラドルレトリバー”検索結果

25件 1〜10件目

バリアフリー社会めざして 盲導犬・白杖・点字…子どもたちが「福祉体験」

 福岡県行橋市立仲津小学校で19日、4年生56人を対象に福祉体験教室があった。バリアフリーの社会に向け、自分たちに何ができるかを考えてもらおうと開催。全員が盲導犬や白杖(はくじょう)、点字、車いすを…[ 続きを読む ]

「介助犬」すごいね! 手足の不自由な人を助けるパートナー 子どもたちが体験学習会

 手足の不自由な人の手助けをする介助犬について学ぶ小中学生向けの体験学習会が、千葉県横芝光町で8月22日にあった。福祉の様々な面に関心を持ってもらおうと町社会福祉協議会が夏休みに合わせて開催し、保護…[ 続きを読む ]

ここほれワンワン、床下から拳銃を発見! 警察犬「ムーンロケット号」が警視総監賞 ごほうびは馬肉の赤身

 民家の床下に隠されていた拳銃の発見に貢献したとして、警視庁は28日、警察犬「ムーンロケット号」(ラブラドルレトリバー、3歳、オス)に警視総監賞を贈った。銃器の発見に対する功績で同賞を警察犬に授与す…[ 続きを読む ]

昼夜を問わず出動する民間の「嘱託警察犬」、ラブラドルなど今年も決定 活動半世紀近い訓練所も

 警察犬としての活動を、県警が民間に委託する「嘱託警察犬」に、今年は89頭が選ばれた。県警によると、昨年は854件の捜査や人捜しなどに出動。民間への嘱託だけで警察犬活動を担っている他県警と比べても多…[ 続きを読む ]

警察犬アリスとリン、行方不明の子どもを発見! 靴のにおい手がかりに ごほうびは高級ジャーキー

 神奈川県伊勢原市内で4月、行方がわからなくなった小学生の児童を無事発見したとして、伊勢原署は17日、警察犬のアリス号(7歳)とリン号(8歳)に署長賞を贈った。副賞は高級ビーフジャーキー。指導担当の…[ 続きを読む ]

一緒に育ったから大の仲良し! ビートとマロン(オンリーわん&おんりーニャン)

■ビートとマロン(オス 11歳、メス 10歳)  父が亡くなったとき、番犬としてラブラドール・レトリバーのビートを買いました。体が黒くて大きいため、散歩中は他の犬に怖がられることもありますが、実は人…[ 続きを読む ]

ラブラドルレトリバーの「きな子」、天国へ 警察犬試験6回失敗、映画にも

 不合格を重ねながらも警察犬の試験に挑戦する姿が評判になったラブラドルレトリバーの「きな子」(メス・14歳)が20日午後5時ごろ、丸亀警察犬訓練所で死んだ。眠るような最期だったという。  きな子は2…[ 続きを読む ]

たくさんの善意で育つ盲導犬 一般家庭の「パピーウォーカー」とは? 東日本盲導犬協会

 視覚障害者の歩行を助ける盲導犬は、全国で約1千頭が活躍する。一方で、盲導犬との歩行を希望する視覚障害者は約3千人と言われ、数が圧倒的に足りない。宇都宮市の東日本盲導犬協会は盲導犬を無償貸与するため…[ 続きを読む ]

盲導犬の仕事って? ラブラドルレトリバーが小学校を訪問、実演

 盲導犬ってどんな仕事をしているのかな? 岡山市と倉敷市の小学校5校で「盲導犬学校キャラバン」が23~25日の日程で開かれ、目の不自由な人の生活を支える盲導犬の役割や能力について児童たちが学んだ。 …[ 続きを読む ]

「いっしょにたくさん歩こうね」 ラブラドルレトリバーのディア 盲導犬貸与式でお披露目

 徳島市のマッサージ師、鶴野克子さん(51)への盲導犬の貸与式が19日、県庁であった。3頭目の「ディア」を迎えた鶴野さんは「期待も不安もあるが、これから2人でいろいろなところを歩き、盲導犬について多…[ 続きを読む ]

3ページ中1ページ目を表示