TOP > 検索結果

“動物愛護法”検索結果

74件 1〜10件目

子犬・子猫の8週間の規制、国が検討 社会化などに問題

 国内のペットショップなどで販売される幼い子犬、子猫の健康を守るには、いつまで生まれた環境で育てるべきなのか──。欧米では一般的な「8週間」を日本でも導入するか、国が検討を始めた。  子犬、子猫をあ…[ 続きを読む ]

犬猫の虐待を解明する「法獣医学」 米国は大学の課程に、捜査・裁判にも一役

 猫を虐待する様子を撮影し、ネット上に動画を投稿するなどした男が逮捕される事件が相次いだ。この数年、動物虐待の摘発件数は過去最多を更新し続けている。こうしたなか、動物への殺傷行為などを科学的に分析す…[ 続きを読む ]

犬や猫の殺処分の現場 毎日一歩ずつ近づく「ガス室」 譲渡増やす努力続く

 飼い主がいない、野良犬や野良猫。自治体に保護されても、新たな飼い主が見つからない場合は、命を奪われる。その「殺処分」をゼロにすることを目標とする自治体も出てきたが、課題も指摘されている。殺処分の現…[ 続きを読む ]

犬猫引き取り業者の男を略式起訴 登録せず、予防接種も受けず……狂犬病予防法違反の疑い

 大田原区検は20日、矢板市の動物取扱業白取一義容疑者(61)を狂犬病予防法違反(未登録・予防注射の未接種)の罪で大田原簡裁に略式起訴した。  起訴状によると、白取容疑者は2016年4月に矢板市の敷…[ 続きを読む ]

第19回 「折れ耳」スコティッシュ 繁殖は動愛法に抵触

 猫ブームの影響で、純血種の猫をペットショップで買う消費行動が浸透してきた。大手ペット店チェーンでは前年比2割増のペースで猫の販売数を増やしている。  そんななかで絶大な人気を誇っているのがスコティ…[ 続きを読む ]

保護犬4匹と暮らし、動物愛護活動 今も昔も自然体のまま 俳優・浅田美代子さん

 デビューから40年余り。新人の頃と変わらない気持ちで現場に立ち、今も新たな世界との出会いがあるという浅田美代子さん。俳優としてだけでなく、不幸な動物を助けるための社会活動にも力を注いでいる。心がけ…[ 続きを読む ]

2018年改正予定 私たちが求める動物愛護法の改正点とは

 私たちNPO法人動物実験の廃止を求める会(JAVA)は、同じく動物保護活動を行う、NPO法人アニマルライツセンター、PEACE 命の搾取ではなく尊厳を とともに、動物を虐待や殺害から守ることができ…[ 続きを読む ]

第17回 都が8週齢規制を要望へ 次は都条例の改正も期待

 東京都でまた動物愛護法を巡って大きな動きがあった。悪い話と良い話が一つずつ。  悪い話から。多摩川の河川敷で、ホームレスの男性が犬の多頭飼育にまつわる問題を起こしている。男性は約20匹の犬を、狂犬…[ 続きを読む ]

犬・猫つめ込み飼育、規制へ 環境省が検討会を立ち上げ予定 ペット業界は警戒

 犬や猫を劣悪な環境で飼育・展示する繁殖業者やペットショップが問題となっているため、環境省は今年度中にも専門家らによる検討会を立ち上げる。ケージの大きさなどを具体的な数値で規制する「飼養施設規制」の…[ 続きを読む ]

第16回 不十分な業者規制 動かない行政

 栃木県矢板市内の「犬の引き取り屋」が、一部テレビでも報道されたことで大きな話題になっている。繁殖能力が衰えたために繁殖業者から「不要」の烙印(らくいん)を押された犬猫たち、ペットショップで売れ残り…[ 続きを読む ]

8ページ中1ページ目を表示