TOP > 検索結果

“和歌山電鉄”検索結果

11件 1〜10件目

図書寄贈「うれしいニャン」 和歌山電鉄「たま電車」内の文庫に350冊

 和歌山電鉄貴志川線の「たま電車」内にある文庫に350冊の図書が寄贈され、和歌山市の伊太祈曽駅で4日、記念式典があった。猫の駅長見習い「よんたま」も初めて公式イベントに出席した。    新…[ 続きを読む ]

愛らしさにとろけそう 猫駅長「たま」「ニタマ」のチョコ、よんたまPR

 2月のバレンタインデーを前に、和歌山電鉄(本社・和歌山市)は21日、同電鉄の「たま名誉永久駅長」と「ニタマ」をかたどったチョコレートを発売した。この日あった発売記念の写真撮影会には、5日付で同電鉄…[ 続きを読む ]

デビュー早々、大人気! ニタマの部下、三毛猫の「よんたま」がんばるミャ~

 新たに和歌山電鉄の「駅長見習い」に5日付で就任した三毛猫「よんたま」は、さっそく多くのファンに取り囲まれる人気ぶり。落ち着いて、時折可愛く「ミャーオ」と鳴くなど上々のデビューを飾った。  よんたま…[ 続きを読む ]

三毛猫の「よんたま」登場、駅長めざします! まず「見習い」から 和歌山電鉄ニタマの部下

 三毛猫の駅長で知られる和歌山電鉄に、新たに同じ三毛猫の「よんたま」(メス、生後8カ月)が「駅長見習い」として加わることになった。5日、貴志駅(和歌山県紀の川市)で小嶋光信社長から辞令が交付された。…[ 続きを読む ]

サンタ姿で盛り上げニャ 三毛猫のニタマ駅長がツリーに点灯

 和歌山電鉄貴志川線の貴志駅(和歌山県紀の川市貴志川町神戸)に26日、恒例のイルミネーションがお目見えした。点灯式に登場したのは三毛猫駅長の「ニタマ」。赤い帽子とマントのサンタクロース姿のニタマが肉…[ 続きを読む ]

ねこ駅長「たま」の足跡、忘れないよ 和歌山電鉄が公立小に本寄贈

 和歌山電鉄は、去年死んだ「たま名誉永久駅長」の活躍をつづった児童書を、和歌山県内の市町村立小学校計247校(分校含む)に2冊ずつ寄贈することを決め、紀の川市の貴志駅で贈呈式を開いた。  児童書「ね…[ 続きを読む ]

カレンダーになるのニャ 和歌山電鉄の猫駅長ニタマ&たま

 和歌山電鉄は2017年版の卓上カレンダーの発売を始めた。貴志駅(和歌山県紀の川市)で「たまⅡ世駅長」を務める三毛猫ニタマ(6)を主役にしつつ、去年死んだ「たま」も登場。さらに、グループ会社の岡山電…[ 続きを読む ]

たま駅長、草葉の陰で「うれしいにゃ~」? 和歌山電鉄社長に交通文化賞

 交通文化の向上に貢献した人に贈られる今年の国土交通省の交通文化賞に、和歌山電鉄の小嶋光信社長(70)が選ばれ、23日に石井啓一国交相から表彰を受けた。    小嶋社長は両備グループ代表を務める傍ら…[ 続きを読む ]

故たま駅長、「和歌山殿堂」の第1号にゃ~

   国内外に和歌山県の名声を広める業績を残した人や生き物をたたえる「和歌山殿堂」が創設され、和歌山電鉄の三毛猫「たま名誉永久駅長」が第1号として殿堂入りすることになった。県が2日発表した…[ 続きを読む ]

バレンタインに、どうかニャー たま駅長チョコ、和歌山電鉄が販売中

 2月のバレンタインデーに向け、和歌山電鉄(本社・和歌山市)が三毛猫の「たま名誉永久駅長」をモチーフにしたチョコレートを発売した。22日にあった記念の撮影会には、昨年6月にたまが死んだ後に「たまⅡ世…[ 続きを読む ]

2ページ中1ページ目を表示