TOP > 検索結果

“感染症”検索結果

13件 1〜10件目

猫白血病ウイルス感染症の捨て猫 新しい家族に見守られ、元気に走り回る

 猫にはパルボウイルスや猫白血病ウイルスなど、発症すると完治が難しい感染症がある。そんな病気にかかって一度は人に捨てられながら、新たな家族と出会って、ノビノビと暮らす若い猫がいる。その「ムク」に会い…[ 続きを読む ]

野良猫にかまれた女性が死亡 マダニ媒介の感染症?「ペットの犬猫からもウイルス」厚労省が注意を呼びかけ

 厚生労働省などは24日、野良猫にかまれた50代女性が昨夏、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に感染し、死亡していたと明らかにした。マダニが媒介する感染症として知られるSFTSだが、今年に入りペッ…[ 続きを読む ]

子犬・子猫、流通にひそむ闇 死亡リストを獣医師が分析 「衛生管理が行き届いていないのでは」

 日本では繁殖から小売りまでの流通過程で約2万5千匹もの犬猫が死んでいる。なぜこれほどの数の犬猫が死ぬのか。朝日新聞はある大手ペットショップチェーンが作成した、仕入れた子犬・子猫の死亡リストを入手し…[ 続きを読む ]

動物愛護センターの保護犬3頭からパルボウイルス 感染蔓延の可能性あり、譲渡会を中止

 熊本県は19日、動物愛護センター(熊本市東区)で保護している犬3頭からパルボウイルスを検出したと発表した。感染した犬が死に至る伝染病のため、3頭を安楽死処分にした。  県によると、18日に犬1頭が…[ 続きを読む ]

番外編(下)保護猫タビオの真菌バトル、部屋の「除菌」ノウハウ大公開! 先住猫マルオとの引き合わせも

 真菌(リングワーム=皮膚糸状菌)とのバトルについての番外編。真菌をやっつけるには、猫本人の治療だけでなく、部屋の「除菌」も欠かせない。後編では、除菌の実際と、先住猫マルオに引き合わせるまでの過程に…[ 続きを読む ]

犬猫の死因1位はがん 想像以上に進行が速いことも

:犬の死因の第1位はがんだと聞きました。 :山根 悪性腫瘍(しゅよう)のことをがんと呼びます。犬も猫も年をとるに従って発生する可能性が高まり、10歳を超えた犬の約半数ががんでなくなっているという報告…[ 続きを読む ]

ペットと健康に暮らすには? 口移しのえさやキスはNG 「恋人」でなく「友だち」の距離を

 家の中でペットを飼う人が増えています。ただ、動物は人にもうつる感染症を持っています。中には動物の体に異常はなくても、人にうつると健康を損なう病気もあります。ペットと仲良く暮らすには、適度な距離を保…[ 続きを読む ]

おしえて!しっぽ情報局 vol.17

 集英社クッキーで人気連載中、斉藤倫先生の「路地裏しっぽ診療所」とsippoのコラボ連載。なんと、sippo限定描き下ろし!  ご自身も保護猫活動をされている斉藤先生の、本誌では読めないエピソードは…[ 続きを読む ]

おしえて!しっぽ情報局 vol.16

 集英社クッキーで人気連載中、斉藤倫先生の「路地裏しっぽ診療所」とsippoのコラボ連載。なんと、sippo限定描き下ろし!  ご自身も保護猫活動をされている斉藤先生の、本誌では読めないエピソードは…[ 続きを読む ]

第35回 本当は怖いレプトスピラ感染症 意外と知られていない人獣共通感染症

 意外と知られていませんが、レプトスピラ感染症は、人も犬も感染する人獣共通感染症の一つです。   <犬への感染経路> 保菌動物の尿で汚染された水や土壌との接触、尿との直接的な接触によって、…[ 続きを読む ]

2ページ中1ページ目を表示