TOP > 検索結果

“東日本大震災”検索結果

68件 1〜10件目

がれきの中から人を見つけるワン! 「災害救助犬」、警察と民間団体が派遣協定結ぶ

 岐阜県警は、災害時に人が入れないがれきの中などから迅速に救助の必要な人を見つけ出すため、災害救助犬を飼育する民間団体「中部災害救助犬」(輪之内町)の協力を得る協定を結んだ。県警が災害救助犬の派遣に…[ 続きを読む ]

熊本地震で犠牲になった犬や猫などを描く 絵画展

 熊本地震などで犠牲になったペットの生前の姿を描いた絵の展示会が、熊本市南区城南町舞原の市立城南図書館で開かれている。犬や猫などの絵36点のほか、ペットを失った飼い主の思いをつづった文章に触れること…[ 続きを読む ]

原発事故の被災地に残された老猫「マメ」 東京都心に引き取られ、安らかに暮らす

「僕が初めて福島県相馬郡の飯舘村を訪れたのは2011年の11月。東日本大震災から8カ月ほどたった頃です。飯舘村には約200頭の犬と約400頭の猫が取り残されて、飼い主の帰りを待っていました」  カメ…[ 続きを読む ]

ふるさとは福島。大きな地震のあと生まれて保護されたマシロ

 大震災のあと生まれて福島で保護されたの。ぽかぽか陽気に誘われ、ついついあくびをしてしまったわ。お兄ちゃんや弟、妹もいて血はつながってないけど4人きょうだい。ごはんを食べるのが楽しみ! (横浜市 雑…[ 続きを読む ]

仮設住宅にネコ残されて エサやりに通う夫婦、「全員退去したら、どうすれば……」 東日本大震災6年

 東北3県で、いまも3万5千人余りの被災者がプレハブの仮設住宅で暮らしている。住民の数よりネコの数の方が多い仮設住宅があると聞いて、訪ねた。 ■震災後「心の支え」  637人が犠牲になった宮城県山元…[ 続きを読む ]

「災害時、ペットとの絆が試される」 東日本大震災を経験した動物病院長 大山拓さん 37歳

■「人も動物も幸せな街に」  東日本大震災で大きな被害を受けた仙台市内陸部の動物病院。被災から約1カ月後に柴犬を連れて訪れた男性は診察後にこう語った。「津波で全部なくなった。この犬しか残っていない」…[ 続きを読む ]

311・福島で被災した愛犬を捜す旅 映画「ハルをさがして」 保護犬も出演 東京・下北沢で26日まで

 東日本大震災で福島県から東京へ避難した中学生が、友人たちと故郷に残した愛犬を捜す旅に出る姿を描いた映画「ハルをさがして」が6日、世田谷区代沢5丁目の下北沢トリウッドで上映が始まった。福島県いわき市…[ 続きを読む ]

元宝塚男役「被災犬猫救いたい」と福島移住 動物保護活動の傍ら劇団公演「非日常を楽しんで」

 元宝塚歌劇団の真灯(まとう)かなたさんの劇団REBORNが7月3日、耽美(たんび)な物語を福島県郡山市で公演する。東日本大震災で被災した犬猫を救いたいと郡山市に移住して約2年半。「日常に疲れた人も…[ 続きを読む ]

311津波で愛犬は行方不明、仮設暮らし 同種の犬に癒やされ、住宅再建に目処、ようやく前向きに

 佐藤美佐江さん(56)、太一さん(59)夫妻は4月下旬、岩手県釜石市の昭和園仮設団地から荷物を出し終えると笑顔で話した。「5年は長かった」  美佐江さんはあの日、愛犬ゼロと自宅そばの鵜住居地区防災…[ 続きを読む ]

ペット用品を熊本の被災地へ 秋田のペット店経営女性 311の教訓生かし

 災害が起きた時、犬や猫など被災地で暮らすペットの状況は伝わりにくい。熊本地震に素早く対応したのが、潟上市でドッグショップ「まろん」を営む長谷川智美さん(36)だ。4月の本震があった数日後と5月上旬…[ 続きを読む ]

7ページ中1ページ目を表示