TOP > 検索結果

“殺処分”検索結果

95件 1〜10件目

おだやかに家族を和ませる老犬「ムク」 夏に倒れるも、ゆっくりと回復へ

「ムクちゃんの取材に伺いたい」と、東京都内に住むMineさんとKazuさん夫妻に連絡を入れると、「2週間ほど前に倒れて具合があまり良くないのですが、そんな老犬でもお役に立てることがあればぜひ協力させ…[ 続きを読む ]

猫ブーム、減らぬ殺処分 飼育には「責任を」 譲渡前に講習 地域猫活動も

「猫ブーム」と言われる昨今だが、群馬県内では年間に1千匹以上が殺処分されている。繁殖力が強いため、増えすぎた子猫を飼い主が捨てたり、野良猫が保健所に持ち込まれたりするのが大きな要因になっているという…[ 続きを読む ]

赤ちゃん猫を引き取り 「ねこかつ」梅田さんが語る「不幸な命をなくすには」

 今年4月から、茨城県動物指導センターに収容された猫の「全頭引き出し」を始めました。状態が良く、生後2カ月を超えていると見られる猫はほかの動物愛護団体が引き出してくれるので、主に体調が悪かったり乳飲…[ 続きを読む ]

犬や猫の殺処分の現場 毎日一歩ずつ近づく「ガス室」 譲渡増やす努力続く

 飼い主がいない、野良犬や野良猫。自治体に保護されても、新たな飼い主が見つからない場合は、命を奪われる。その「殺処分」をゼロにすることを目標とする自治体も出てきたが、課題も指摘されている。殺処分の現…[ 続きを読む ]

「責任もって猫の飼育を……」今日も命を奪われる野良猫たち 助けるための新潟の取り組み

 新潟県内の猫の殺処分数が昨年度、統計がある1952年度以降で初めて1千匹を下回った。行政と民間による取り組みが功を奏し、救われる命が増えている。その一方で、あちこちで命を落としている野良猫の数は計…[ 続きを読む ]

殺処分予定の子猫とふれあう「猫カフェ列車」、養老鉄道に登場 保護団体が協力、引き取りもOK

 養老鉄道(岐阜県揖斐川町~三重県桑名市)に10日、「ねこカフェ列車」が登場した。猫の保護活動に取り組む支援団体の協力を得た列車で、乗客は車内で普段体験できない猫との触れ合いを楽しんだ。 …[ 続きを読む ]

なぜJAVAが犬猫へのマイクロチップ装着「義務付け」に反対するのか

 動物愛護法改正の議論のなかで、「飼い犬猫にマイクロチップを装着することを義務付ければ、迷子になっても飼い主がわかり、殺処分が減らせる」といった意見をよく耳にします。また、環境省は、動物愛護法の附則…[ 続きを読む ]

「譲渡活動を広げていきたい」 藤野真紀子さんら、sippo写真展ギャラリートーク

 愛犬家の料理研究家・藤野真紀子さんと、朝日新聞の太田匡彦記者によるペットに関するギャラリートークが20日、東京都新宿区の京王百貨店で開催中のsippo写真展「みんなイヌ、みんなネコ」で開かれた。藤…[ 続きを読む ]

大阪市のワンニャン特別大使に杉本彩さん 犬・猫の殺処分ゼロをめざして

 犬や猫の殺処分をなくす活動を進めるため、大阪市は、動物保護の活動に力を入れている俳優の杉本彩さんに「おおさかワンニャン特別大使」を委嘱した。市が関わる催しや啓発に協力してもらう。  杉本さんは公益…[ 続きを読む ]

猫の飼育、最後まで責任をもって… 「にゃんにゃんミーティング」開催、譲渡相談や講習会も

 奈良県は22日、橿原市常盤町の奥大和移住定住交流センターで「にゃんにゃんミーティング」を開いた。県中和保健所動物愛護センター(宇陀市)に保護されている猫の譲渡相談会や飼育方法の講習会があり、約40…[ 続きを読む ]

10ページ中1ページ目を表示