TOP > 検索結果

“殺処分ゼロ”検索結果

61件 1〜10件目

犬の殺処分ゼロめざし、PWJが全国4カ所目の譲渡拠点オープン 犬とふれ合える部屋も

 犬の殺処分ゼロに取り組むNPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」(PWJ、大西健丞代表理事)は4月下旬、保護した犬の飼い主を探す拠点となる譲渡センターを広島県福山市東深津町2丁目に開いた。広島市と神…[ 続きを読む ]

犬猫の殺処分、3年連続ゼロ 神奈川県知事「譲渡のボランティアに感謝」

 神奈川県は25日、平塚市の県動物保護センターに預けられた犬や猫の殺処分が2016年度はゼロだったと発表した。3年連続でゼロを達成し、黒岩祐治知事は定例会見で、「譲渡に貢献頂いているボランティアに感…[ 続きを読む ]

保護した子猫のいのち、授乳で助けて! 自治体に広がる「ミルクボランティア」、千葉県でも募集中

 千葉県は、保護した飼い主のいない子猫を預かり、授乳などの世話をする「一時飼養ボランティア(ミルクボランティア)」の募集を始めた。県動物愛護センター(富里市)で殺処分される猫の数を減らし、新しい飼い…[ 続きを読む ]

第45回 殺処分前の犬の全頭引き取り1年 全国殺処分ゼロの「頂」を見据えて

 新年度の4月を、広島県神石高原町にいるピースワンコの保護犬たちは、真っ白な雪景色の中で迎えた。昨年4月に県内の殺処分対象犬の全頭引き取りをスタートしてから、ちょうど1年が経過。町内に3カ所あるシェ…[ 続きを読む ]

犬の殺処分4年連続ゼロ 猫も減る 川崎市、譲渡会など動物愛護の取り組み続く

 川崎市が2016年度に殺処分した犬が、ゼロだったことが分かった。犬の処分ゼロは4年連続。猫は4匹を処分したが、15年度より5匹減った。市は猫の不妊・去勢手術の費用を市民に補助したり、犬猫を新たな飼…[ 続きを読む ]

小学生に命の教育も 犬猫の殺処分「ゼロ」目標に、「みやざき動物愛護センター」完成

 宮崎県と宮崎市が合同で同市清武町木原の市有地に建設していた「みやざき動物愛護センター」が完成した。3日のオープンを前に1日、関係者約80人が参加して開所式があった。  センターは県と市が共同で運営…[ 続きを読む ]

「動物愛護と殺処分ゼロに力を入れます!」 動物管理センターの名称変更へ 熊本県知事が表明

 犬や猫の殺処分業務を担ってきた熊本県動物管理センターが、4月から「熊本県動物愛護センター」に名称を変更し、動物愛護と殺処分ゼロに力を入れていく。蒲島郁夫知事が20日、センターを視察し、動物愛護団体…[ 続きを読む ]

神奈川県動物保護センター、建て替えのための寄付が集まらず 「県費を使うことも検討」と知事が方針転換?

 神奈川県動物保護センター(平塚市)の建て替えにかかる建設費11億円を寄付で賄うとしていた黒岩祐治知事が、開会中の県議会で「県費充当も検討したい」と発言し、これまでの説明を覆した。県議からは「県費で…[ 続きを読む ]

第41回 殺処分ゼロめざし、同じ志の団体を応援します! 推進助成事業を発表

 犬猫の殺処分ゼロを広島から全国へ広げるために、私たちが重要なポイントと考えるのが、志を同じくする各地の団体との連携である。2020年までに日本で殺処分ゼロを実現するという目標を昨年打ち出した際にも…[ 続きを読む ]

札幌の殺処分ゼロ、3年 大学や民間団体とも協力、譲渡へのとりくみ続く

 札幌市による犬の殺処分がゼロになってから、今月で丸3年を迎えた。政令指定市の中でも先例的な取り組みの継続は、民間との連携や市民の動物に対する意識が支えとなりそうだ。  札幌市動物管理センターによる…[ 続きを読む ]

7ページ中1ページ目を表示