TOP > 検索結果

“熊本地震”検索結果

55件 1〜10件目

ウンピョウやユキヒョウ、アムールトラ… 熊本地震から1年、猛獣の受け入れ3園がイベント企画

 熊本地震からまもなく1年。被災した熊本市動植物園から移された猛獣5頭のうち、4頭が県内で飼育されている。受け入れ先の動物園は動物を通して地震について考えてもらおうと、イベントを準備している。  福…[ 続きを読む ]

「被災ペット」のはずが……地震後に保護猫14匹を殺処分 熊本県が発表

 熊本地震後、飼い主からはぐれたペットを処分してしまわないよう、保護された犬や猫の殺処分を県が停止していた期間に、猫14匹が殺処分されていたことがわかった。熊本県が17日、明らかにした。殺処分業務を…[ 続きを読む ]

伝説の「追い出し猫」 ふるさと復興の願いをこめて、 被災地の子どもたちが絵付け

 熊本地震で被災した熊本県御船町にある町立高木小学校の5、6年生33人が28日、福岡県宮若市と直方市の職員労働組合の招きで両市を訪れた。宮若名物の縁起物「追い出し猫」の絵付けを体験。宮若のトヨタ自動…[ 続きを読む ]

熊本地震の被災犬、引き受けます 新潟県「新たな飼い主を募集」

 熊本地震で飼い主がいなくなった被災犬を救おうと、新潟県が3頭を受け入れ、新しい飼い主の募集を始める。被災犬たちは、8日に熊本から新潟へ空路でやって来た後、12日ごろから県動物愛護センター(長岡市関…[ 続きを読む ]

愛犬連れて車中泊→避難所→アパート…避難所閉鎖、対応迫られる被災者 行き先未定の人も 熊本地震4カ月

 避難所を出て次の一歩を――。熊本地震の前震から4カ月、熊本県内で避難所の閉鎖が加速し、被災者たちは新たな生活に向けて動き始めている。住まいのめどが立ち、長い避難生活の終わりに安堵(あんど)する人が…[ 続きを読む ]

被災した犬猫の収容限界、進まぬ譲渡 「殺処分機を止めたままでいたい」熊本県動物管理センター 熊本地震

 熊本地震発生からまもなく4カ月。県動物管理センターは地震以降、特別措置として殺処分機を止め、飼い主とはぐれるなどした犬猫の引き取り手を探している。すでに収容限度を超えているが、譲渡はあまり進んでい…[ 続きを読む ]

ダックスフントとの車中泊から仮設住宅へ それでも残る不安・不便 熊本地震から100日余

 熊本地震の発生から100日余りが過ぎた。発生後間もなく、朝日新聞のアンケートに協力してくれた人たちは今どうしているのか。改めて尋ねると、大半は仮設住宅など落ち着き先が決まっていたものの、本来の暮ら…[ 続きを読む ]

熊本の被災ペット、東京で23日に譲渡会 収容施設は限界超え、飼い主探しを東京の愛護団体が手助け

 熊本地震発生から3カ月がすぎた。熊本県動物管理センターは地震以降、特別措置として殺処分機を止め、飼い主とはぐれるなどした犬猫の引き取り手を探している。すでに収容限度を超えているが、譲渡はあまり進ん…[ 続きを読む ]

ゴールデンの災害救助犬グーニー、熊本地震で奮闘 愛知県警と協定・派遣 団体設立20年

 災害救助犬とともに、各地の被災地や事故現場で救助活動を続けてきた愛知県岡崎市の支援団体が今年で設立20年を迎える。熊本地震でも、倒壊家屋に逃げ遅れた人がいないかどうか嗅覚(きゅうかく)を使って判別…[ 続きを読む ]

被災犬ジャック、自動ドア開けて出勤だワン 車中泊ながら客を笑顔に 熊本

 熊本市東区のカギ店に、熊本地震で被災し、車中泊を続けながらも元気に「出勤」を続ける犬がいる。この店の「警備係」のジャック(8)だ。  自動ドアのお客様用ボタンのはるか下には、犬用のボタンがある。前…[ 続きを読む ]

6ページ中1ページ目を表示