TOP > 検索結果

“生体販売”検索結果

8件 1〜8件目

子犬・子猫、流通にひそむ闇 死亡リストを獣医師が分析 「衛生管理が行き届いていないのでは」

 日本では繁殖から小売りまでの流通過程で約2万5千匹もの犬猫が死んでいる。なぜこれほどの数の犬猫が死ぬのか。朝日新聞はある大手ペットショップチェーンが作成した、仕入れた子犬・子猫の死亡リストを入手し…[ 続きを読む ]

「脱ペットショップ」 犬や猫の販売をやめ、保護犬・猫の譲渡を事業に 千葉の会社の挑戦

   JR千葉駅から車で10分ほど。ペットショップ風の店内に入ると、何かが違う。中央にフードや玩具の売り場、左手にトリミングサロン。ペット販売のショーウインドーはどこにもなく、その代わりに…[ 続きを読む ]

倉科カナさん、保護猫を迎え、一歩踏み出す 「不幸な犬猫のこと、同世代に伝えたい」

 不幸な犬や猫を減らしていきたい。日本のペットたちが置かれた一部の劣悪な環境を知ると、多くの人がそう思う。でも何から始めればいいのかわからず、そこで立ち止まってしまう――。そんな中で、女優の倉科カナ…[ 続きを読む ]

犬猫の流通、監視できていますか 自治体の業者規制など調査 動物愛護の担当「人手不足」

 劣悪な環境での飼育や病弱なペットの販売など、犬や猫を取り扱う繁殖業者やペット店にまつわるトラブルが相次いでいる。動物取扱業者への自治体の監視指導は十分なのか。朝日新聞の調査では、犬猫は2015年度…[ 続きを読む ]

イヌ・ネコの国内流通85万匹! ペットブーム続き、15年度は前年度より10万匹増

 2015年度に国内で販売されるなどした犬猫は少なくとも約85万匹で、前年度より約10万匹増えていることが朝日新聞の調査で分かった。流通量の増減のデータはこれまでなかった。流通量の3%にあたる約2万…[ 続きを読む ]

第16回 不十分な業者規制 動かない行政

 栃木県矢板市内の「犬の引き取り屋」が、一部テレビでも報道されたことで大きな話題になっている。繁殖能力が衰えたために繁殖業者から「不要」の烙印(らくいん)を押された犬猫たち、ペットショップで売れ残り…[ 続きを読む ]

動物園生まれのコツメカワウソ、動物商経由でペットショップへ…

※今回は実際のレポートの短縮版での掲載です。  あるエキゾチックアニマル系のペットショップのサイトに、下記のような表示が出ていました。「CB」というのは“Captive Bred…[ 続きを読む ]

ペット業界の「今」とは ~ペット産業界の動向と戦略~

■「インターペット」とは? 「インターペット」とは、今年で5年目を迎える日本最大級の国際ペット産業見本市で、異業種コラボレーションによりペットビジネスの裾野を広げる、人とペットの新たなライフスタイル…[ 続きを読む ]

1ページ中1ページ目を表示