TOP > 検索結果

“盲導犬”検索結果

74件 1〜10件目

「盲導犬連れの転落死、くり返さないで」 視覚障害者、通勤時に付き添いで支援

 東京都世田谷区は4月から、転入してきた視覚障害のある区民を対象に通勤時の付き添い支援を実施している。昨夏、盲導犬を連れて帰宅中に駅ホームから転落して亡くなった同区の会社員品田直人さん(当時55)の…[ 続きを読む ]

視覚障害者への声のかけ方、どうすれば? 盲導犬利用者から駅員ら90人が学ぶ 京成電鉄

 視覚障害者が駅のホームから転落して亡くなる事故が相次いでいるのを受け、京成電鉄(本社・千葉県市川市)は17日、船橋市宮本8丁目の船橋競馬場駅で、視覚障害者への声のかけ方や誘導案内の講習を初めて実施…[ 続きを読む ]

共に創るステージ 障害者と健常者、盲導犬も舞台に!

 障害者と健常者や、大人と子どもの垣根を越えて共に創る舞台が上演される。劇団「は~とふる♥はんど」の公演「ありがとう、またね…」は健常者と障害者、盲導犬が舞台に立つ。東京…[ 続きを読む ]

たくさんの善意で育つ盲導犬 一般家庭の「パピーウォーカー」とは? 東日本盲導犬協会

 視覚障害者の歩行を助ける盲導犬は、全国で約1千頭が活躍する。一方で、盲導犬との歩行を希望する視覚障害者は約3千人と言われ、数が圧倒的に足りない。宇都宮市の東日本盲導犬協会は盲導犬を無償貸与するため…[ 続きを読む ]

盲導犬連れの事故死、くり返さない! ホームドア、JR山手線など29駅で設置を前倒し

 埼玉県蕨(わらび)市のJR蕨駅で盲導犬を連れた男性(63)がホームから転落し、列車と接触して亡くなった事故を受け、JR東日本は1日、京浜東北・根岸線と山手線の計29駅でホームドアの設置を早めると発…[ 続きを読む ]

「盲導犬のこと、もっと知って」 ふれあう時の注意点や暮らしぶり、イベントで紹介

 盲導犬と暮らす視覚障害者から話を聞いたり、盲導犬と触れあったりするイベントが28日、大分県由布市挾間町の「はさま未来館」であった。障害者の日常をサポートする福祉施設が盲導犬に関して知ってもらおうと…[ 続きを読む ]

第10回 塀の中で盲導犬候補の子犬を育てるパピープログラム 信頼と愛情を得る受刑者たち

「がんばれよー」 「元気でな」  犬を抱きしめ、ほおずりする人。体をさすり、頭をなでる人。犬のほうもひざに乗ったり、顔をなめたりして、全身で甘えている。  これは1月23日に島根あさひ社会復帰促進セ…[ 続きを読む ]

事故防止へ、心のバリアフリー 盲導犬フェリシアと全盲女性に同行してみました

 視覚障害者が駅のホームから線路に転落し、電車にひかれて命を落とす事故がなくならない。昨年8月から今年1月にかけて死亡事故が起きた3駅に、ホームドアはなかった。目の不自由な人にやさしい駅や街とは? …[ 続きを読む ]

盲導犬の仕事って? ラブラドルレトリバーが小学校を訪問、実演

 盲導犬ってどんな仕事をしているのかな? 岡山市と倉敷市の小学校5校で「盲導犬学校キャラバン」が23~25日の日程で開かれ、目の不自由な人の生活を支える盲導犬の役割や能力について児童たちが学んだ。 …[ 続きを読む ]

盲導犬応援プロジェクト 「手助けがほしい」と伝えるバッジ、視覚障害者に贈ろう SNSで共感の輪

 盲導犬を連れていても、できれば人の手を借りたい目の不自由な人に、その思いが相手に伝わるバッジを贈る活動を、横浜市内の支援団体が始めた。資金を募って作るバッジには、盲導犬が視覚障害者の気持ちを代弁す…[ 続きを読む ]

8ページ中1ページ目を表示