TOP > 検索結果

“訓練士”検索結果

12件 1〜10件目

育成のむずかしい介助犬 訓練士をめざして女性3人が奮闘中!「障害者に笑顔を」

 体の不自由な人の生活を手助けする介助犬。愛知県長久手市福井の介助犬専門の訓練施設「介助犬総合訓練センター~シンシアの丘」では、4月から女性3人が訓練士を目指して奮闘している。来年3月までセンターに…[ 続きを読む ]

「大好きな犬と学び、現場に行ける仕事!」岩政真理さん 25歳 嘱託警察犬の訓練士

■心を通わせ大会へ現場へ 岩政真理(いわまさまり)さん=岐阜県大野町  嘱託警察犬の訓練士として、岐阜県大野町の羽島警察犬・愛犬大野訓練所で5頭の犬を育てる。中でも、雌のグナ(3)との相性は抜群で、…[ 続きを読む ]

来年度も捜査を助けてがんばるワン! シェパードなど17頭、新たに嘱託

 千葉県警は16日、犯罪捜査や行方不明者の捜索などに協力してもらう来年度の嘱託警察犬54頭と訓練士や飼い主に嘱託書を交付した。民間の訓練施設で飼育されたシェパードやゴールデンレトリバーなどで、このう…[ 続きを読む ]

災害時、ペットも一緒に避難しよう ふだんから「同行」避難の訓練を!

 災害が起きた時、まずは自分の身の安全を確保することが大切。でも、できたら飼い主はペットと一緒に避難してほしい――。そんな思いから静岡県裾野市の犬の訓練士、中村明美さん(61)が、ペットと一緒に避難…[ 続きを読む ]

「犬のしぐさや表情から気持ちを読み取る」 警察犬を育てて40年 訓練士を群馬県警が表彰へ

 警察犬を育てて40年。訓練士の須永武博さん(62)がしつけた犬は、県内外で活躍している。全国的な警察犬の競技会では上位入賞の常連で、関係者の間では知られた存在だ。長年の功績が評価され、14日に群馬…[ 続きを読む ]

「この子の力、社会に生かしたい」 嘱託警察犬ジャック号の飼い主で訓練士・朝重純代さん

■この子、社会に生かしたい  行方不明者の捜索などに協力する嘱託警察犬。訓練士の朝重(ともしげ)純代さん(61)=千葉県習志野市実籾1丁目=と、相棒のゴールデンレトリバー「ジャック・アト・マイハート…[ 続きを読む ]

柴犬の桃太郎、警察犬になったよ! 出動に向けて訓練の日々 市民の人気者に

 北海道内でこの秋、初めて柴犬(しばいぬ)3頭が道警の警察犬=キーワード=になった。このうちの1頭、「桃太郎」(オス、3歳)は3回目の審査会挑戦で合格した。いつ来るか分からない出動に備え、日々訓練に…[ 続きを読む ]

被災ペットを預かり、支援します 訓練士女性 豪雨災害の岩泉で

 台風10号の豪雨災害で400人以上が避難所で暮らす岩手県岩泉町で、被災者のペットを預かる支援が始まった。東日本大震災後、ペットと生活できる避難所の指針を国が定めたが、人口1万人の小さな町役場では手…[ 続きを読む ]

「犬が左・飼い主は右」の歩き方、本当? ルーツは西洋の軍隊 「飼い主が右だと犬も集中できる」説も

 犬の散歩は飼い主の左側につけて歩かせるのが基本。訓練士にそう教わりましたが、「歩行者は道の右側を歩くから、車道側になる犬が危険ではないか」と読者からお便りがきました。どう考えたらいいのでしょうか。…[ 続きを読む ]

シェパードのシルヴィア、3度目の正直で警察犬に 相棒は見習い訓練士「犬の成長が喜び」

 行方不明者の捜索や事件捜査に協力する嘱託警察犬。民間の犬の訓練施設「阪神警察犬訓育所」(神戸市須磨区)の見習い訓練士金田博樹さん(25)と、相棒のメスのシェパード、シルヴィアは、3度目の挑戦で今年…[ 続きを読む ]

2ページ中1ページ目を表示