TOP > 検索結果

“8週齢規制”検索結果

17件 1〜10件目

子犬・子猫の8週間の規制、国が検討 社会化などに問題

 国内のペットショップなどで販売される幼い子犬、子猫の健康を守るには、いつまで生まれた環境で育てるべきなのか──。欧米では一般的な「8週間」を日本でも導入するか、国が検討を始めた。  子犬、子猫をあ…[ 続きを読む ]

第18回 子犬、子猫の販売規制 速やかに「8週」導入を

 第2次世界大戦の終結に一役買った、日本人の運命を左右した「誤訳」がある。  日本がポツダム宣言を受諾するにあたり米国は「天皇及び日本国政府の国家統治の権限は(中略)連合国軍最高司令官に…[ 続きを読む ]

鼎談 尾辻秀久×福島瑞穂×松野頼久 次の動愛法改正に向けて動き出した超党派議連

たくさんの課題を積み残した2012年の動物愛護法改正。次の法改正に向けて、超党派の議連が動き出した。主眼は動物取扱業者への規制強化。良貨が悪貨を駆逐するために──。 「犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛…[ 続きを読む ]

第17回 都が8週齢規制を要望へ 次は都条例の改正も期待

 東京都でまた動物愛護法を巡って大きな動きがあった。悪い話と良い話が一つずつ。  悪い話から。多摩川の河川敷で、ホームレスの男性が犬の多頭飼育にまつわる問題を起こしている。男性は約20匹の犬を、狂犬…[ 続きを読む ]

長く幸せに暮らすために飼い主ができること①

動物行動学の専門家・村田香織さんに学ぶ ペットと暮らすことで、人は大きな幸せを得ることができる。では人は、「家族」となった 犬や猫を、どれだけ幸せにできるのか。長く幸せに、ともに暮らしていくために。…[ 続きを読む ]

吉田眞澄弁護士が寄稿 「猫カフェ」夜間営業の是非

筆者/ペット法学会副理事長・元帯広畜産大学副学長 吉田眞澄 猫ブームと猫カフェ  空前の猫ブームの中、顧客が猫と触れあえる「猫カフェ」が注目され、メディアでも頻繁に取り上げられている。動物取扱業の中…[ 続きを読む ]

第14回 人とペットの「共生」とは札幌市条例に見る光明

 人と動物の共生する社会を実現しよう――。  2013年9月に施行された改正動物愛護法の第1条(目的)に、「(この法律は)人と動物の共生する社会の実現を図ることを目的とする」という文言が新たに加わっ…[ 続きを読む ]

第49回 「すべての犬や猫を救いたい」 それが出来ていない「現実」

 Facebookをわりと熱心にやり始めてから2年程が経ったでしょうか。先日、私の投稿を見てくれている知人から、「犬のことが多いよね?」という指摘を受けました。    確かにそのとおりです…[ 続きを読む ]

第48回 後悔から救ってくれた山田あかね監督の言葉

「エンジン01文化戦略会議」の会員で、同じ「動物愛護委員会」のメンバーでもある和田裕美さんのお誘いで、目黒にある犬同伴OKの一軒家イタリアン「リストランテ小林」に行かせていただきました。  うちはミ…[ 続きを読む ]

第45回 生後8週間以内に親からひき離された子犬は弱くなる

 2月19日に行われた「札幌市動愛条例の『幼い犬猫守る条項』を応援する緊急院内集会」に出席させていただきました。  集会の模様はさまざまなメディアで取り上げられたのでここでは割愛させていただきますが…[ 続きを読む ]

2ページ中1ページ目を表示