TOP > 検索結果

“保護猫カフェ”検索結果

26件 1〜10件目

リアルな猫目線動画! 噂のVRカメラで、猫を撮影してみた

 最近ちまたで注目されているVR(バーチャルリアリティ)カメラ。写真のように切り取られた世界ではなく、360度の空間を動画や静止画で記録して再現でき、スポーツ、医療の分野や、野生動物の観察などに活用…[ 続きを読む ]

残りの人生を猫のために! がん再発後に自宅で保護猫カフェ

 大病を患うと人生観が変わる、と言われる。対人関係が苦手だった女性が、がんを患った。それを機にむしろ前向きになり、貴重な時間を保護猫の預かり・譲渡のために使うことを決意。ついに自宅で保護猫カフェも開…[ 続きを読む ]

保護猫をのせて移動譲渡会 「幸せの黄色い車」始動

 猫の保護と譲渡などの活動を続けるNPO法人「東京キャットガーディアン」(東京都豊島区)が10月、商業施設などに出向いて保護猫の譲渡会を行う「幸せの黄色い車」の運用を始める。東京キャットガーディアン…[ 続きを読む ]

赤ちゃん猫を引き取り 「ねこかつ」梅田さんが語る「不幸な命をなくすには」

 今年4月から、茨城県動物指導センターに収容された猫の「全頭引き出し」を始めました。状態が良く、生後2カ月を超えていると見られる猫はほかの動物愛護団体が引き出してくれるので、主に体調が悪かったり乳飲…[ 続きを読む ]

震災で一念発起、一人でつくった保護猫カフェ「ねこかつ」 国内最大級・猫300匹の譲渡会を開催へ

 一人で始めた保護猫カフェの活動が周囲の共感を呼び、今月、東京・新宿のデパートに計300匹の猫を集めて国内最大級の保護猫譲渡会を開催するまでになった。主催する保護猫カフェ「ねこかつ」の梅田達也さんに…[ 続きを読む ]

古民家で保護猫と出会える「月猫カフェ」 「スタッフ不足」につき、店長の愛猫もお手伝い

 富山市の中心部から車で20分ほど、田園風景の中に、古民家を活用した保護猫カフェ「月猫カフェ」がオープンした。5年ほど前から猫の保護ボランティアに携わってきた田畑智真紀さん(50)が店長を務めている…[ 続きを読む ]

猫の保護活動を“仕事”にしたネコリパブリック代表 ビジネス書でもある“猫助け本”

「すべての猫に安心して眠れる場所と、お腹いっぱいになれる幸せを与えるために」――。「ネコリパブリック」は、そんな願いのもと、保護猫カフェの入場料やグッズ販売などの利益で猫の保護活動を行っている。岐阜…[ 続きを読む ]

ペットと人の関係、命と向きあって考えてみた 農業高校の生徒が「猫カフェ」訪問

 北海道帯広市の帯広農業高校の生徒20人が4月に「猫カフェ」を訪ね、人と愛玩動物との関係がどうあるべきかを学んだ。  酪農科学科の3年生で、普段は家畜の牛や豚、鶏と接している。動物の命を考える授業の…[ 続きを読む ]

猫がよろこぶ手作りグッズ おもちゃやベッド…こだわり満載の手芸本

 既製品のおもちゃではハッスルしない……せっかく買ってきたベッドに寝てくれない……など、きまぐれな猫ちゃんにお悩みの飼い主さんにぴったりの書籍…[ 続きを読む ]

3代目大統領は猫の「おはぎ」 猫カフェから「基本的猫権の尊重」を訴える 河瀬麻花さん

 減ってきたとはいえ、いまも年間7万匹ちかくの猫が殺処分されている。処分ゼロの社会をめざし、保護された猫とふれあえる猫カフェを営む。「日本国民のみなさん。『わが国』では、基本的猫権を尊重しています」…[ 続きを読む ]

3ページ中1ページ目を表示