TOP > 検索結果

“保護犬”検索結果

191件 1〜10件目

犬への愛情深い人生の先輩たち 熱意と経験は事業の大きな力に

 シェルターの日々の運営のなかで、最も手間がかかることの一つが、犬舎の清掃作業である。保護犬たちが暮らす部屋の床は毛や足跡で汚れ、とくに外が雨や雪のときは壁やドアまで泥水で黒くなってしまう。排泄物な…[ 続きを読む ]

トリュフ発見した犬きなこ、保護犬コルグと仲良く成長中!

 1年前、散歩中にトリュフを見つけて人気者になった高知県馬路村の「うまじのパン屋」の愛犬きなこ。一年の月日が流れて子犬からすっかり大きくなった。きなこが村に来てから、日曜日になると遊ぶ友達がいる。実…[ 続きを読む ]

原発被災地で犬や猫を保護する元原発作業員 今も捨てられる動物

 東日本大震災による福島第一原発事故から間もなく7年。昨年春に一部の避難指示が解除された福島県双葉郡浪江町に、自宅を開放し、犬や猫の保護活動を続けている元原発作業員の赤間徹さん(54)を訪ねた。 …[ 続きを読む ]

小さな子犬はスマートな中型犬に 家族の行動範囲も広がる

 保護団体から引き取った雑種の子犬は、1年もすると、狩猟犬のように、すらりと脚の長い犬に成長した。運動好きで、競技会に出場するなど、犬を通じて家族の行動範囲も広がった。   (末尾に写真特…[ 続きを読む ]

滝川クリステルさんと柴咲コウさん 保護犬・猫との生活を明かす

東日本大震災で被災したラブラドールレトリバーの「アリス」を引き取った滝川クリステルさん。保護猫カフェからオッドアイの白猫「のえる」を迎えた柴咲コウさん。お二人のスペシャル対談から、ペットとの暮らしに…[ 続きを読む ]

人懐っこい保護犬たち、「希望者増えている」 横浜の保護団体

 横浜市都筑区に、犬や猫の保護・譲渡活動を続ける動物保護団体「アニマル・ハート・レスキュー」がある。シェルターを訪ね、代表の山本りつこさんに保護犬をとりまく状況について聞いた。   (末尾…[ 続きを読む ]

心に傷を負った犬の「不思議な行動」 寄り添った夫婦の思い

 千葉県内の夫婦のもとにやってきた1匹の保護犬。殺処分寸前のところを助け出されたその犬は、心に傷を負っていた。繰り返される不思議な行動、病気、そして老い。それらを丸ごと受け入れ、夫婦で「家族の一員」…[ 続きを読む ]

問題抱える犬を見捨てない 殺処分ゼロめざしてNPOを設立

 保健所に収容された犬の殺処分ゼロをめざし、問題のある犬を保護するNPO法人「HAPPY DOG TEAM」が岐阜県関市に設立された。同市小瀬の施設「出逢(であ)いの森」で病気の治療やリハビリを行い…[ 続きを読む ]

戌年にあらためて誓う 1頭でも多くの保護犬に幸せな未来を

 ピースワンコ・ジャパンが本拠を置く広島県神石高原町は、例年よりやや寒い年の瀬を迎えている。前年に続き1000頭以上の犬を受け入れた2017年は、ピースワンコにとって、登山でいえば上り坂にあえぎなが…[ 続きを読む ]

保護犬活動はシニアにおすすめ! ゆるくつながり、息長い支援

 大阪府高槻市の伊藤順子(よりこ)さん(63)は、月に3度は、伊丹空港に保護犬を迎えにいく。その多くが、鹿児島県の奄美大島や徳之島で殺処分寸前だった子たちだ。「離島は避妊や去勢が定着しておらず、殺処…[ 続きを読む ]

20ページ中1ページ目を表示