TOP > 話題

さよなら、「わさお」のお母さん 菊谷節子さんが死去

デモ

 「ブサかわ犬」(不細工でかわいい犬)として人気の秋田犬「わさお」の飼い主として知られる菊谷節子(きくやせつこ)さんが11月30日、亡くなった。73歳だった。青森県鰺ケ沢町の海辺にある店には1日、ファンが訪れ、「わさおのお母さん」との別れを惜しんでいた。  菊谷さんは間質性肺炎のため、11月30日…[ 続きを読む ]

犬|健康|話題|ライフスタイル|わさお,ブサかわ犬,ワンバサダー,秋田犬,鰺ケ沢駅観光駅長

朝日新聞

わんぱく猫「はっぴー」 初めてのハッピー・クリスマス

デモ

 街中がクリスマスムードであふれる12月。わんぱく盛りな猫「はっぴー」も、自宅でカラフルな飾りに囲まれ、サンタを待ちわびています。魚屋の天井から落ちてきたところを保護されて約半年。その成長ぶりは、特集『ねこ飼い日記』でご覧ください。   ◆関連記事 ・大きくなった子猫に、ついに去勢手術 …[ 続きを読む ]

猫|話題|ライフスタイル|エンターテインメント|ねこ飼い日記,キジ猫,クリスマス,サンタクロース,保護猫

sippo

愛犬に「究極のご褒美」! 1年間の感謝をこめて犬用おせち

デモ

 愛犬に「究極のご褒美」をあげてみませんか――。岡山市中区のドッグフード販売会社「ピュアボックス」が今年も犬用のおせちを販売する。1千個限定。現在予約受け付け中で、25日まで。  同社は「犬が狂ったようにしっぽを振るくらい喜ぶ」ご褒美をあげようと、昨年から犬用おせちの販売を始めた。年末年始、旅行の…[ 続きを読む ]

犬|ビジネス|話題|ライフスタイル|ドッグフード,ピュアボックス,ペットホテル,岡山県岡山市,犬用おせち

朝日新聞

犬のふん、放置するのはNG 黄色いチョークでぐるり!

デモ

 公共の場に放置された犬のふん。迷惑な「糞(ふん)害」を安価なチョークで軽減する取り組みを、名古屋市が始める。京都府宇治市が昨年1月から実施し、大きな効果を上げている「イエローチョーク作戦」にならう。30日の市議会本会議で吉田茂氏(自民)の質問に答えた。  宇治市の「作戦」は、放置されたふんの周り…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|話題|ライフスタイル|イエローチョーク作戦,チョーク,名古屋市議会,犬のふん放置,糞害

朝日新聞

受験生の2人の娘をいやしてくれる愛犬「アッシュ」

デモ

■アッシュ(オス、4歳)  4年前の11月、父が60歳で他界し、その10日後にアッシュが生まれました。  ブリーダーの友人から、「生まれたばかりの子犬」の話を持ちかけられました。母の強い希望もあって、飼うことを即決しました。私たち夫婦と娘2人に母。女性が多く、番犬にとも思ったのですが、おとなしい性…[ 続きを読む ]

犬|話題|ライフスタイル|シュナウザー,ブリーダー,受験,愛犬,茨城県結城市

朝日新聞

バッグの中からアルマジロトカゲ48匹! 日本人を南アで逮捕

デモ

 絶滅の危機にあり、ワシントン条約で取引が規制されているアルマジロトカゲ=写真=を違法に所持していたとして、日本人の男(49)が南アフリカの警察に逮捕されていたことが分かった。現地の日本大使館などによると、西ケープ州の検問所で地元警察が24日、逃走した車を追跡して取り押さえたところ、車内の男のバッ…[ 続きを読む ]

その他|動物愛護|話題|ライフスタイル|アルマジロトカゲ,ワシントン条約,南アフリカ,絶滅危惧種,違法所持

朝日新聞

目覚まし時計とともにニャーニャー! 猫の「うらら」

デモ

■うらら(メス、2歳)  家具の下などに隠れるのが大好きで、「あれ?どこにいるの」と、食卓の下をのぞきこむと、大きな瞳で見つめ返してくれます。そのくせ寂しがり屋で、部屋に人がいなくなるとすぐにあとを追いかけてきます。  先日、寒くなってきたのでベッドに毛布を出すと、うれしそうに腹ばいになっていまし…[ 続きを読む ]

猫|話題|ライフスタイル|三毛猫,愛猫,添い寝,目覚まし,茨城県つくば市

朝日新聞

ペットのニオイ、室内の空気を上手に流してスッキリ

デモ

 ペットがいる家の「ニオイ」問題。飼い主自身は気がつかなくても、来客に指摘されることもあるようです。犬と猫では、原因も対策も異なります。     犬には体臭があるが、猫にはない  犬の場合、体臭があるため、程度の差はあるにしろ、「犬くささ」という問題が生じます。室内はもちろん、…[ 続きを読む ]

犬|猫|健康|動物愛護|ビジネス|話題|ライフスタイル|ニオイ,ペット共生型住宅,室内飼い,抗菌消臭,金巻とも子

sippo

「手をかまれ、うらみ」 猫13匹虐待の罪、元税理士が認める

デモ

 猫13匹をガスバーナーで焼いたり、熱湯をかけたりして死傷させたとして、動物愛護法違反の罪に問われたさいたま市の元税理士、大矢誠被告(52)の初公判が28日、東京地裁であり、被告は起訴内容を認めた。検察側は「常習性があり、悪質」として懲役1年10カ月を求刑。弁護側は執行猶予付き判決を求め、即日結審…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|話題|バーナー,動物愛護法違反,動物虐待,東京地裁,税理士

朝日新聞

戌年、見通しいいワン! ガラスの犬、お歳暮や年始回りに

デモ

 来年の干支(えと)「戌(いぬ)」のガラスの置物を手作りする作業が、群馬県みなかみ町後閑の「上越クリスタル硝子(ガラス)」で佳境を迎えている。来年1月まで例年並みの約8千体を作る予定だ。「親方」と呼ばれるこの道15年のベテラン、原澤智幸さん(34)は「犬は似た動物が多いので、首のくびれや耳の形など…[ 続きを読む ]

犬|ビジネス|話題|ライフスタイル|お歳暮,上越クリスタル硝子,干支,戌年,犬の置物

朝日新聞

225ページ中5ページ目を表示