TOP > 話題

人が入っても快適な木製「犬小屋」、オーダーメードで作ります 耐震設計、天窓やテラスもOK

デモ

 事務所は犬小屋の中だ。広さ6畳ほどの木造の平屋で、パソコンや電話もある。高知県土佐町田井にある犬小屋製作工房Kの社長、川村幸雄さん(61)の仕事場だ。 「もちろん耐震設計。都会では、こんなものまでほしいと言ってくれる人もおるがやき」  嶺北産のスギでつくる犬小屋をインターネットで販売している。価…[ 続きを読む ]

犬|ビジネス|話題|ライフスタイル|オーダーメイド,ネット販売,犬小屋製作工房K,高知県土佐町

朝日新聞デジタル

里山カフェに猫が集まり「地域猫カフェ」に?! チャリティー演奏会で去勢・避妊を支援

デモ

「里山カフェ」のはずが、「地域猫カフェ」としても評判になっている店が、石川県宝達志水町にある。青江静男さん(58)・左知子さん(56)夫婦が、第二の人生として、今年2月、古民家を使って里山カフェ「そらいろのたね」を開いた。すると、周辺から多くの野良猫が集まるようになった。このカフェで6月17日、地…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|話題|不妊・去勢手術,地域猫カフェ,石川県宝達志水町,里山カフェ,野良猫

sippo

お疲れさま! 第二の「人生」を送ってね 麻薬探知犬のシェパード「バリー号」に感謝状

デモ

 長崎税関管内で約7年間にわたって麻薬取り締まりに活躍した麻薬探知犬「バリー号」が、15日に退役した。鹿児島県霧島市の鹿児島税関支署鹿児島空港出張所で22日に感謝状が贈られたバリー号は、姶良市の会社員、中西勝洋さん(52)に引き取られ、第二の「人生」を送るという。  バリー号はオスのジャーマン・シ…[ 続きを読む ]

犬|話題|シェパード,ハンドラー,長崎税関,鹿児島県霧島市,麻薬探知犬

朝日新聞デジタル

「みやざき犬」、専用のカッパができたよ 雨の日も出演OK! 宮崎県の公式ゆるキャラに特注雨具

デモ

 宮崎県の公式ゆるキャラ「みやざき犬」の3匹が22日、梅雨空の下、雨ガッパ姿を宮崎市の県庁本館前で初披露した。県の担当者は「雨の日も散歩ができるようになったね。雨の日のイベントも大丈夫」と喜んでいた。  昼過ぎ、雨がパラパラと降る中、それぞれ黄緑、ピンク、赤のカッパに身を包んだ「ひぃくん」「むぅち…[ 続きを読む ]

犬|話題|みやざき犬,ゆるキャラ,宮崎県,梅雨,雨ガッパ

朝日新聞デジタル

「犬かと思ったら馬だった…」 駅前に脱走、45分後に確保 飼い主「やんちゃでロープほどけたかも」

デモ

 22日正午ごろ、栃木県野木町のJR野木駅東口付近で馬が歩いているのを駅の利用者が見つけた。報告を受けた駅員が近くの交番に届け出た。小山署によると、馬は約45分後に駅から約2・5キロ離れた路上で見つかり、確保された。  馬は体高150センチほどの茶褐色。発見した岩崎徹さん(42)によると、岩崎さん…[ 続きを読む ]

その他|話題|ペット,栃木県警,栃木県野木町,馬,JR野木駅

朝日新聞デジタル

飼い主以外には姿を見せず “ビビリ番長”のキジトラ猫「モモ」

デモ

 sippoで好評連載中の『猫アレルギーですけど』には、「あんず」と「モモ」の猫2匹が登場します。    ただし、性格は正反対。天真爛漫な「あんず」に対して、キジトラ猫の「モモ」は“ビビり番長”。お客さんには、隠れて、ほとんど姿を見せることがないため、ヤスダ家の…[ 続きを読む ]

猫|話題|ライフスタイル|エンターテインメント|キジトラ,サビ柄,ビビリ,保護猫,隠れる

sippo

修復の眠り猫、最初は「薄目」を開けていた! 大目に見てもらえずNG 図面通りに塗り直し 日光東照宮

デモ

 59年ぶりに修復作業が行われ、昨年11月にお披露目された日光東照宮(栃木県日光市)の彫刻「眠り猫」が、お披露目から1カ月半ほど「薄目を開けていた」ことがわかった。彩色の担当者が両目が開いているように描いていた。現在は改められ、目を閉じた表情となっている。  修復は大正、昭和期の図面を元に実施。図…[ 続きを読む ]

猫|話題|修復,国宝,日光東照宮,栃木県日光市,眠り猫

朝日新聞デジタル

ハチワレのマティスとキジトラのジュジュ。いつも一緒でゴロゴロ仲良し

デモ

 僕はキジトラのジュジュ。たまに病気で苦しくなるけど、元気になってお話できるようになったら、みんなうれしそう。僕もゴロゴロのどを鳴らしてゴハンをたくさん食べたくなっちゃう。ハチワレのマティスはかわいい妹分。 (東京都世田谷区 マティス 雑種 ♀ 6歳、ジュジュ 雑種 ♂ 21歳) ◇朝日新聞の夕刊…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|話題|ライフスタイル|キジトラ,ハチワレ,愛猫,東京都世田谷区,雑種

sippo

密輸入は許さない! 麻薬探知犬9頭が訓練終えて旅立ち 全国の空港で摘発めざす

デモ

 千葉県成田市三里塚にある東京税関麻薬探知犬訓練センターで15日、新しい麻薬探知犬9頭が誕生した。2月から約4カ月の訓練を終え、それぞれペアを組む5税関のハンドラー9人とともに卒業を迎えた。全国の港、空港などで密輸入の摘発にあたる。  センターは全国で唯一の麻薬探知犬を訓練、育成する施設。年2回、…[ 続きを読む ]

犬|ビジネス|話題|不正薬物,成田空港,東京税関,訓練,麻薬探知犬

朝日新聞デジタル

左目だけで飼い主と見つめ合う犬 眼球摘出、腫瘍…激動の11年、「今を大事に」

デモ

 東京都文京区にある眼科専門の動物病院には、さまざまな目の病気を抱えた犬や猫が訪れる。6月半ば、待合室に、茶色く大きな体の犬がやってきた。ラブラドール・レトリーバーの「ラブ」(♂・11歳)だ。   (末尾に写真特集があります) 「目の定期検査で、神奈川から車で来ました」  有休をとって通…[ 続きを読む ]

犬|健康|話題|ライフスタイル|メラノーマ,介護,摘出,片目,腫瘍

sippo

181ページ中1ページ目を表示