TOP > 動物愛護

「私たちの大事な分身、存在を知って」 盲導犬4頭に特別住民票を交付

デモ

 障害者の目や耳、手足の役割を果たす「補助犬」。飲食店などへの同伴が断られる例が後を絶たたない実態を受け、山口県宇部市は2日、盲導犬4頭に名前や住所を記した「特別住民票」を交付した。障害者のパートナーとしての存在を広く知ってもらう狙いがある。  身体障害者補助犬法は、公共施設や飲食店、宿泊施設など…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|話題|埼玉県所沢市,山口県宇部市,特別住民票,盲導犬,補助犬

朝日新聞デジタル

保護猫のクルミ、家族みんなのかわいい妹よ。網戸にもすいすいと上手に登るの!

デモ

 赤ちゃんの時、カラスに狙われて助けられ、譲渡会で今のおうちと運命的に出会ったの。寒い日はお兄ちゃんのお腹の上であったまる。お母さんの肩にのるのも網戸登りも大好き。かわいい妹なのよ。 (東京都大田区 雑種 ♀ 0歳) ◇朝日新聞の夕刊にあなたの愛犬・愛猫の写真が載ります。写真の投稿は こちら から…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|話題|ライフスタイル|保護猫,子猫,東京都大田区,譲渡会

sippo

「猫の手術代、払いすぎました」 川崎市、補助金36万円を二重に振込み

デモ

 川崎市は28日、市民94人に対し、猫の不妊去勢手術の補助金計36万4千円を誤って二重払いした、と発表した。職員の事務ミスが原因という。市は対象者に過払い分の返還を求めている。市によると、9月に94人から136匹分(雄44匹、雌92匹)の補助金申請があり、今月21日に対象者に振り込み、22日にも同…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|話題|不妊・去勢手術,不妊手術費補助,川崎市,補助金,過払い

朝日新聞デジタル

第8回 大好きな犬とのふれあい 病とたたかう子どもたちの「生きる力」に

デモ

 東京・中央区にある聖路加国際病院の小児病棟には、月に二回、犬たちがやってくる。公益社団法人動物病院協会(JAHA)のCAPP活動( ※第6回コラム参照 )に参加するセラピー犬とボランティアのチームだ。 (末尾にフォトギャラリーがあります)  犬が好きな子どもにとっては、入院中に犬に会えるなんて、…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|話題|ライフスタイル|ふれあい,アニマルセラピー,セラピー犬,ボランティア,聖路加国際病院

sippo

マエケン、犬の殺処分ゼロ支援で 「大リーグ1勝ごとに寄付する」と宣言

デモ

 元広島カープのエースで米大リーグ・ドジャースでも活躍する前田健太投手が27日、広島県神石高原町を訪れ、同町を拠点にしたNPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」(PWJ)の犬殺処分ゼロの活動を応援するイベントに参加した。前田投手は来季、1勝するごとに一定額を寄付すると宣言し、継続支援を約束した。  …[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|話題|ピースウィンズ,前田健太,大リーグ・ドジャース,広島県神石高原町,殺処分ゼロ

朝日新聞デジタル

写真展での募金など約21万円、sippoから保護団体に寄付

デモ

 sippoは11月30日、特別写真展「みんなイヌ、みんなネコ」で行った募金と、缶バッジ販売の収益など計21万2325円を公益社団法人「アニマル・ドネーション」(東京)に寄付しました。アニマル・ドネーションを通じて、実際に犬や猫の保護活動を行っている10団体に配布されます。  写真展は9月20日~…[ 続きを読む ]

犬|猫|動物愛護|話題|チャリティー,ボランティア,保護活動,写真展,募金

sippo

第38回 大リーグのマエケンが「応援団長」宣言! 幅広い層に殺処分ゼロをアピール

デモ

 広島県神石高原町にあるピースワンコ・ジャパンの保護施設を、メジャーリーガーが訪ねてくれた。ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手と妻の早穂さん。2人を招いた11月27日のチャリティイベントには、あいにくの冷たい雨にもかかわらず、約2000人が詰め掛けた。  今回の訪問は、トイプードルの小太郎君と…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|話題|チャリティ,ピースウィンズ,前田健太,広島県神石高原町,殺処分ゼロ

sippo

第40回 不幸な子猫を減らすため、ノラ猫にも不妊去勢手術をしてあげて

デモ

 €四季がある温帯に住む野生動物の多くは繁殖活動を1年の特定の時期に行います。出産と子育てを気候が温暖で食べ物が豊富な春に行うことで、母子の生存率を高めるためです。たとえば妊娠期間が約半年のニホンザルの交尾期は秋ですし、妊娠期間が11か月のウマでは春が交尾期というように、野生動物は出産と子育てが春…[ 続きを読む ]

犬|猫|動物愛護|ノラ猫,子猫,繁殖,野生動物

sippo

ペットと避難生活するには? 災害時に備え、しつけや心得を市民が学ぶ

デモ

 災害時にペットと一緒に避難生活を送る際、必要なことは何かを考えるイベントが23日、和歌山市手平2丁目の和歌山ビッグ愛であった。和歌山動物愛護推進実行委員会の主催で、市民ら約120人とその飼い犬や飼い猫55匹ほどが参加した。  動物の問題行動の治療に当たっている神戸市の獣医師・村田香織さんは講演で…[ 続きを読む ]

犬|猫|動物愛護|話題|ライフスタイル|しつけ,ペット同行避難,和歌山市,訓練,避難所

朝日新聞デジタル

迷い犬「さくら」、温泉の看板犬に おなかの腫瘍は募金で手術

デモ

「さくら」は、滋賀県湖南市岩根の複合施設「十二坊温泉ゆらら」の看板犬だ。7カ月前、突然現れた。おなかに腫瘍(しゅよう)が見つかったときには、従業員と客の募金で手術。すっかりなじんで施設のアイドルになった。  小雨降る4月6日の夜、おどおどした様子で正面玄関前を歩き回っていた。メスで推定8歳。毛は白…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|話題|募金,十二坊温泉,手術,滋賀県湖南市,迷子犬

朝日新聞デジタル

51ページ中1ページ目を表示