TOP > 動物愛護

先代そっくりでママが一目ぼれ!保護犬のきなこ  河原で元気に走り回ってるよ

デモ

 お母さんが前に飼っていた犬にそっくりで、譲渡会で一目ぼれされた。私は良きパートナーで愛すべき子どもなの。毎日、多摩川の河原でたくさんのお友達犬と元気に走り回り、楽しく暮らしています。 (東京都世田谷区 雑種 ♀ 7歳) ◇朝日新聞の夕刊にあなたの愛犬・愛猫の写真が載ります。写真の投稿は こちら …[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|話題|ライフスタイル|保護犬,多摩川,東京都世田谷区,譲渡会,雑種

朝日新聞デジタル

野良猫の不妊・去勢手術を進める条例案可決 神戸市議会

デモ

 神戸市議会の11月議会が7日閉会した。5日の本会議で、補正予算案など計34議案と、地域の野良猫の不妊・去勢手術を進める条例案など議員提案の2議案を可決した。  猫に関する条例は、問題が生じていると判断された地域の野良猫を捕獲し、不妊・去勢手術後に再び地域に戻すといった内容。殺処分と生息数を減らす…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|話題|不妊・去勢手術,条例,神戸市,神戸市議会,野良猫

朝日新聞デジタル

「この子の力、社会に生かしたい」 嘱託警察犬ジャック号の飼い主で訓練士・朝重純代さん

デモ

■この子、社会に生かしたい  行方不明者の捜索などに協力する嘱託警察犬。訓練士の朝重(ともしげ)純代さん(61)=千葉県習志野市実籾1丁目=と、相棒のゴールデンレトリバー「ジャック・アト・マイハート号」(オス、7歳)は11月の訓練競技会で、人のにおいがついた5枚の布を嗅ぎ分ける「臭気選別」の部で2…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|話題|ゴールデンレトリバー,千葉県習志野市,嘱託警察犬,捜索犬,訓練士

朝日新聞デジタル

犬の殺処分率81.2% 6年連続で全国ワースト 香川県

デモ

 2015年度に香川県内の保健所に収容された犬のうち、飼い主や譲渡先が見つからず殺処分となった割合は81.2%で、全国で最も高かった。全国のデータがそろう10年度から6年連続で最も高い殺処分率となった。6日の県議会文教厚生委員会で県が明らかにした。  県生活衛生課によると、15年度の犬の収容数は2…[ 続きを読む ]

犬|猫|動物愛護|話題|保健所,動物愛護,犬の殺処分率,譲渡会,香川県

朝日新聞デジタル

犬・猫支援へ、ボランティア犬「もか吉」らのグッズ販売 収益の一部、薬や診察代に

デモ

 和歌山市のボランティア犬「もか吉(きち)」(オス、5歳)らの愛らしい写真があふれた来年のチャリティースケジュール帳とカレンダーが完成した。2匹を育てる吉増江梨子さん(36)らで作る「チームもか」が製作。これらのグッズの販売収益の一部を市の保健所に保護されている犬や猫の支援のために使う試みだ。  …[ 続きを読む ]

犬|猫|動物愛護|ビジネス|話題|ライフスタイル|もか吉,チャリティー,保護犬,和歌山市,防犯パトロール犬

朝日新聞デジタル

第26回 続・私が東京で犬を飼うなら…… 動物と飼い主の「マッチング」を考えよう

デモ

  前回のコラム から、“私が東京で犬を飼うなら”と、シミュレーションしています。前回は、東京都動物愛護相談センター主催の譲渡事前講習会を受け、譲渡対象者として登録されたので譲渡会に参加できることになりました(あくまでもシミュレーション上のお話です)。そして、譲渡会に参加!…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|人と動物の関係,保護動物,動物愛護相談センター,譲渡

sippo

「私たちの大事な分身、存在を知って」 盲導犬4頭に特別住民票を交付

デモ

 障害者の目や耳、手足の役割を果たす「補助犬」。飲食店などへの同伴が断られる例が後を絶たたない実態を受け、山口県宇部市は2日、盲導犬4頭に名前や住所を記した「特別住民票」を交付した。障害者のパートナーとしての存在を広く知ってもらう狙いがある。  身体障害者補助犬法は、公共施設や飲食店、宿泊施設など…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|話題|埼玉県所沢市,山口県宇部市,特別住民票,盲導犬,補助犬

朝日新聞デジタル

保護猫のクルミ、家族みんなのかわいい妹よ。網戸にもすいすいと上手に登るの!

デモ

 赤ちゃんの時、カラスに狙われて助けられ、譲渡会で今のおうちと運命的に出会ったの。寒い日はお兄ちゃんのお腹の上であったまる。お母さんの肩にのるのも網戸登りも大好き。かわいい妹なのよ。 (東京都大田区 雑種 ♀ 0歳) ◇朝日新聞の夕刊にあなたの愛犬・愛猫の写真が載ります。写真の投稿は こちら から…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|話題|ライフスタイル|保護猫,子猫,東京都大田区,譲渡会

朝日新聞デジタル

「猫の手術代、払いすぎました」 川崎市、補助金36万円を二重に振込み

デモ

 川崎市は28日、市民94人に対し、猫の不妊去勢手術の補助金計36万4千円を誤って二重払いした、と発表した。職員の事務ミスが原因という。市は対象者に過払い分の返還を求めている。市によると、9月に94人から136匹分(雄44匹、雌92匹)の補助金申請があり、今月21日に対象者に振り込み、22日にも同…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|話題|不妊・去勢手術,不妊手術費補助,川崎市,補助金,過払い

朝日新聞デジタル

第8回 大好きな犬とのふれあい 病とたたかう子どもたちの「生きる力」に

デモ

 東京・中央区にある聖路加国際病院の小児病棟には、月に二回、犬たちがやってくる。公益社団法人動物病院協会(JAHA)のCAPP活動( ※第6回コラム参照 )に参加するセラピー犬とボランティアのチームだ。 (末尾にフォトギャラリーがあります)  犬が好きな子どもにとっては、入院中に犬に会えるなんて、…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|話題|ライフスタイル|ふれあい,アニマルセラピー,セラピー犬,ボランティア,聖路加国際病院

sippo

54ページ中4ページ目を表示