TOP > 山根義久さん プロフィール

山根義久さん プロフィール

デモ

山根義久 (やまね・よしひさ)

1943年生まれ。動物臨床医学研究所理事長、倉吉動物医療センター・米子動物医療センター 会長、東京農工大学名誉教授。医学博士、 獣医学博士。2013年まで日本獣医師会会長を務めた。

山根義久さんの記事

犬の8歳は高齢期、病気に注意 ゆったりとした時間を楽しんで

:飼い犬の顔に、白髪が目につくようになりました。8歳ですが、もうシニアなのでしょうか? :山根 犬や猫も老化します。研究者によって見解はまちまちですが、犬の場合、おおむね7、8歳から高齢期に入るとさ…[ 続きを読む ]

病気予防やストレス軽減のために 犬猫を飼うなら不妊・去勢手術を

:子犬を飼い始めました。雌ですが、不妊手術の必要はありますか? :山根 子犬を産ませるつもりがないのであれば、不妊手術はしたほうがいいでしょう。理由は四つあります。  一つは、発情にともなう様々な問…[ 続きを読む ]

猫の食欲が落ちたら、鼻の状態を疑って

:猫の食欲がなくなりました。 :山根 いつから、どのくらい食べなくなったのでしょうか? 猫は肉食で、1日かけてダラダラと食事をします。またエサの香りや温度、形状などへのこだわりが、犬と比べると強い動…[ 続きを読む ]

夏バテ 子犬や老犬は特に注意! 下痢や嘔吐はすぐ病院へ

:ここ数日、犬に食欲がありません。犬にも夏バテがありますか? :山根 犬は汗腺が少ないので、夏の暑さはこたえます。普段に比べて食べる量が減っているのであれば、いわゆる夏バテかもしれません。食欲がなく…[ 続きを読む ]

犬の糞で分かる病気のサイン がん、ウイルス感染…健康管理は飼い主が

:犬の散歩で糞(ふん)を拾うのはマナーであると同時に、健康管理の面からも重要だと聞きました。どういう意味ですか? : 糞からは、犬の健康に関してかなりの情報が得られます。尿に比べて一般の飼い主さんで…[ 続きを読む ]

運動量が多く負担かかる大型犬 「股関節形成不全」にも要注意

:大型犬を飼うのが夢です。 :山根 よくわかります。大型犬はいいですよ。私も今年7歳になるセントバーナードを飼っていますが、おっとりした性格で、表情が豊かです。  ただ、飼育はもちろん、それなりに大…[ 続きを読む ]

犬より猫を飼うのが「楽」?  犬とは違う苦労もあります

:ペットショップで、猫は犬よりも飼うのが楽だと聞きました。そういうものでしょうか。 :山根 適切に飼育をして、しっかりと面倒を見ないといけないという意味では、犬も猫も同じです。基本的に屋内での飼育が…[ 続きを読む ]

人間の言葉を話さないペット 健康診断で早期の異常発見を

:狂犬病予防注射をする際、健康診断を勧められました。 :山根 人間の言葉を話さない動物の体調の変化を把握するのは、なかなか難しいものです。気づいた時には手遅れになっているということも、珍しくありませ…[ 続きを読む ]

食欲が減り、咳が出る……心筋症の可能性も

:猫の元気がなく、高い所に登るのに失敗しました。まだ5歳と若いのに、心配です。 :山根 それだけでは何とも言えませんが、普段に比べて運動機能が低下してきたのであれば、心筋症の可能性を考えてみる必要が…[ 続きを読む ]

犬の赤っぽい尿、すぐ受診を ヘモグロビン尿かタマネギ中毒かも

:飼い犬が雪の上にしたオシッコが赤っぽい色をしていました。血尿ではないようですが、気になります。 :山根  血尿ではなく褐色または赤い尿が出るとしたら、ヘモグロビン尿の可能性があります。ヘモグロビン…[ 続きを読む ]

3ページ中1ページ目を表示