TOP > 山田美保子さん プロフィール

山田美保子さん プロフィール

デモ

山田美保子 (やまだ・みほこ)

1957年生まれ。青山学院大学卒業後、ラジオレポーターを経て、放送作家、コラムニストなどを務める。「踊る!さんま御殿!!」「ノンストップ!」などを構成。ほかに雑誌、新聞、WEBに連載多数。

山田美保子さんの記事

第70回 裸の季節がやってきた! 保護犬ハンター、さっそく服を脱ぎました

 わずか3頭の“統計”ではありますが、ミニピンたちと暮らし始めて14年が経って、もっとも言えるのは、彼らはとにかく寒がりだということです。  理由としては、短毛であること。ピ…[ 続きを読む ]

第69回 犬や動物愛護でつながる人との「ご縁」、あらためて思い出す川島なお美さんのこと

 所属している文化人団体「エンジン01文化戦略会議」のメンバー百数十人と、茨城県水戸市で「オープンカレッジ」という講義をしてきたことは 前回 も書かせていただきました。 「われら動物愛護委員会」の講…[ 続きを読む ]

第68回 微力だけど無力ではないと信じて…犬猫の殺処分なくすため 水戸でオープンカレッジ

 小説家の林真理子さんが幹事長を務める文化人団体『エンジン01文化戦略会議』に私も入れていただいていることは、度々書かせていただいています。  その中に、作詞家の湯川れい子さんが委員長の「動物愛護委…[ 続きを読む ]

第67回 いいお店、見つけた! 愛犬にぴったりのグッズやフードが勢ぞろい

 恐らく皆さんにも、ドッグフードやトリート、リードや首輪などを買う“行きつけのお店”があるかと思います。  まだ家にピンしか居なかった頃、当時のトレーナー、須崎大先生のオスス…[ 続きを読む ]

第66回 愛犬や愛猫を失う悲しみ ディエゴ君の悲報にピンを思い出す

「親のときよりもキツかった」とは、愛猫家の女友達の言葉。私にとって「初めての犬」だったピンが虹の橋を渡っていき、私がしばらく、仕事現場でも涙ぐんでしまっていたのを見た彼女が”経験者の一言…[ 続きを読む ]

第65回 おうちシャンプーでサロン代ほぼゼロ、 わが家のミニピンたちは親孝行!?

 これまでにも何度か書かせていただきましたが、亡きピン(♀)と父親が同じの妹ココは、1歳半近くまで沖縄のブリーダーさんのところで暮らしていたせいか、やることなすことが“犬”な…[ 続きを読む ]

第64回  湯たんぽ効果で? ついにハンターが夫のそばで寝てくれた夜

 色々な意味で現場主義の私は、ネットショッピングというのを全くと言っていいほどやらないのですが、夫は毎日のようにネットで何か買っています。  先日も、「ハンちゃん(ハンター)用のホットカーペット、買…[ 続きを読む ]

第63回 ピンが会いに来た! 全身を思い浮かべられない私のために

「眠れない」とか「眠れなかった」ということが人生で数えるほどしかなくて、横になったら3秒で寝付くタイプ。夜中に起きてしまうということもめったになくて、朝までグッスリ。こんな仕事をしているのに、早寝早…[ 続きを読む ]

第62回 犬の先輩、森泉ちゃんのこと 「ベテランママ」の助言やセレクトに感激!

 これまで何度も書かせていただいていますが、私は小さい頃からずっと犬が苦手だったこともあり、一昨年の8月、虹の橋を渡っていったピンが「初めての犬」でした。  それから妹犬のココに出会い、いまは保護犬…[ 続きを読む ]

第61回 ハンターはいったい何歳? それもまた保護犬と暮らす醍醐味

「推定3歳~5歳」ということで我が家にやってきた保護犬ハンターとも、やがて丸2年の付き合いになります。  我が家にとって、ミニチュア・ピンシャーはハンターで3頭目。3歳ぐらいまでは落ち着かない犬種だ…[ 続きを読む ]

7ページ中1ページ目を表示