TOP > ビジネス > 猫とビジネスに関する記事

猫とビジネスに関する記事

141件 1〜10件目

新鮮な小魚を猫のおやつに! 東京から愛猫と高知に移住 地域おこしめざす女性

 高知県中土佐町矢井賀に東京から移住した地域おこし協力隊員が、新たな事業に挑戦している。土佐湾の新鮮な小魚を使い、猫のおやつを作ること。都市部の愛猫家に受けそ…[ 続きを読む ]

犬・猫支援へ、ボランティア犬「もか吉」らのグッズ販売 収益の一部、薬や診察代に

 和歌山市のボランティア犬「もか吉(きち)」(オス、5歳)らの愛らしい写真があふれた来年のチャリティースケジュール帳とカレンダーが完成した。2匹を育てる吉増江…[ 続きを読む ]

歌舞伎になった伝説の「化け猫」、見に来てね! 活性化をねらって商店街にモニュメント

 歌舞伎の題材として有名な愛知県岡崎市の化け猫伝説で街を盛り上げようと、市中心部の商店街に化け猫のモニュメントが設置された。地元の商店主らが企画した。  岡崎…[ 続きを読む ]

(トップに聞く)ノミ予防普及へ 情報発信が必要 メリアル・ジャパン社長、永田正さん

――世界的なペット分野の製薬会社。日本ではどんな展開を?  ノミやマダニの駆除薬やワクチンに強い会社として、ペットの製薬分野で世界シェア1、2位を争っています…[ 続きを読む ]

ねこ駅長「たま」の足跡、忘れないよ 和歌山電鉄が公立小に本寄贈

 和歌山電鉄は、去年死んだ「たま名誉永久駅長」の活躍をつづった児童書を、和歌山県内の市町村立小学校計247校(分校含む)に2冊ずつ寄贈することを決め、紀の川市…[ 続きを読む ]

岩合さんの猫写真で年賀はがき 郵便局で11月1日発売

 日本郵便(株)は11月1日(火)から、全国約8,000の郵便局で「岩合光昭のねこ お年玉付年賀はがき」の販売を始める。 (末尾に写真特集があります)  はが…[ 続きを読む ]

スクリーンだって猫である 自由気ままな自然体で人気 出演依頼が続々

 猫を飼う世帯が増え、猫がもたらす経済効果を「ネコノミクス」と呼ぶ新語も生まれた。長らく犬の独壇場だったスクリーンの世界でも、最近は猫の活躍が目立つ。「俳優猫…[ 続きを読む ]

うちの猫がキャンディの袋に!? 「にゃんコレ」で愛猫の写真募集

 パッケージに猫の写真がデザインされたフルーツアソートキャンディ『にゃんコレ』が、UHA味覚糖から全国で順次発売されている。 (末尾にフォトギャラリーがありま…[ 続きを読む ]

「夜廻り猫」 いつでもここにいるよ ぽつんと立つ公衆電話の心は・・ 寄り添う猫が聴く

 心で泣いている人や動物たちの話を、猫の遠藤平蔵が聴いてまわる、ツイッターで人気のマンガ「夜廻(まわ)り猫」。きょうは、夜道にポツンとある「公衆電話」に声をか…[ 続きを読む ]

竹林でスズメを追いかける猫がキラリ 春日大社の国宝モチーフ 金銀メダルはいかが

 春日大社(奈良市)の国宝をモチーフにしたメダルを独立行政法人・造幣局が作った。第60次式年造替(しきねんぞうたい)を記念したもの。購入は予約制で、締め切りは…[ 続きを読む ]

15ページ中1ページ目を表示