TOP > 甘え方も処世術? 金属加工工場の猫は「工場長」

from AERA

NyAERA・AERA|更新|2017/02/22

甘え方も処世術? 金属加工工場の猫は「工場長」

部品が詰められたスチール棚の隙間を縦横無尽に歩く「工場長」
部品が詰められたスチール棚の隙間を縦横無尽に歩く「工場長」

 東京都大田区の金属加工工場。オイルのにおいが漂い、巨大な工作機械が並ぶ。作業が始まるとそれなりの騒音もするが、お気に入りの寝床で悠然と毛づくろいする1匹のネコがいる。「工場長」(オス、推定5歳)だ。

「近所のネコで、たまにふらっと現れる『ざぼん君』っていうのがいるんですけど、こいつはその子の天敵だったんです。若いときはしょっちゅう、けんかしては傷を作ってました。でも、あるときから、あまりけんかをしなくなって」と話すのは、工場長の部下(?)、鈴木毅さん(46歳)。やがて工場長は本格的に工場に居つくようになり、顔つきも少しずつ柔和になったという。

 この工場の社長は、毅さんの兄、匠さん(47歳)。従業員は毅さんと工場長の“2人”。

「作業をしていると、すーっと足元に体をこすりつけてきて。かと思うとじっと手元を見ていたり。厳しい目つきで監視している様子は、まさに工場長です」。

 とはいえ、社長はあくまで匠さん。工場長は中間管理職としての身の処し方も心得ている。

「兄には本当に、上手に甘えますね。少々手荒に抱き上げられて、モフられても、喉を鳴らして応えてます。それでまんまとおやつにありついているあたり、うまいなあ、と(笑)」


工場に住み込み

 工場は職場であると同時に、工場長の住居でもある。

「冬でも昼間は工作機械の熱で、結構室内が暖かいんです。夜はペット用のホットカーペットをつけています」

 食事はドライフード中心。

「水は新鮮なものじゃないと怒ります。たまのまたたびは、たしなむ程度」

 悪酔いはしない。ごく短時間、ご機嫌にはなるが、適当なところで、さっとさめる。

「外にも半野良のネコが3匹いるんですが、工場長はここを守ってるつもりなんでしょうね。見かけると追い散らしてますよ」

 なかなかに責任感のある工場長っぷりのようだが……。

「外の子もなついてるので、『警備員』として可愛がってます」


(AERA増刊「NyAERA」から)

(文:ライター・浅野裕見子、写真:品田裕美)

NyAERA

NyAERA(ニャエラ)

まるごと1冊ねこだらけ「NyAERA」(ニャエラ)
通常の「AERA」の体裁そのままに、猫の大特集
朝日新聞出版 680円


from AERAの記事