TOP > 特集 > from AERA

from AERA

年2万匹死ぬ流通の闇 犬猫の国内流通量が初めて判明

年間約75万匹が流通し、2万3千匹余りが死亡。ペット流通の「実数」が、朝日新聞とAERAによる全国112自治体への調査で初めてわかった。    猫の保護活動をしている男性がその住宅を訪ねると、強いアンモニア臭が襲ってきた。  30匹以上の成猫と10匹ほどの子猫が、複数の部屋に分けて飼われていた。糞尿にまみれた床には、共食いの被害にあったとみられる…[ 続きを読む ]

犬|猫|話題|ペットショップ,環境省,繁殖業者

AERA

災害時にペットの命を守るには、同行避難! 福島からの教訓

 北関東や東北を中心に記録的な豪雨が降り、大きな被害が出た。11日午後には、鬼怒川の堤防が決壊した茨城県常総市で22人が行方不明だと発表され、浸水で孤立した地域からの救助活動が続く中、ペットを抱えて避難する人の姿も見られた。  東日本大震災でたくさんのペットが犠牲になったのを機に見直された、ペットとの「同行避難」のあり方。最近では今回の豪雨のほかにも、口永…[ 続きを読む ]

犬|猫|その他|話題|同行避難,犬,猫,被災

AERA

「リサイクル」でエサに ふれあった小動物が、弱ればヘビや猛禽類の前へ

 子どもに命の大切さを学んでもらう。そのために、犠牲になる動物たちがいる。  ふれあい動物をエサにする、横浜・野毛山動物園の実態とは。  JR桜木町駅(横浜市)から歩いて約15分、坂を上りきった先に横浜市立野毛山動物園はある。規模の小さな動物園だが、2012年度には99万人もの入園者があった。  その園内に、小動物とふれあえる「なかよし広場」がある。主に子…[ 続きを読む ]

その他|話題|動物園,小動物,教育

AERA

テレビの「動物虐待」体質 「演出」で「虐待」する

 番組中で動物へのずさんな取り扱いがなくならない。  フジテレビの「ほこ×たて」が放送終了となったが、何が問題視されるべきだったのか。    猿の首に釣り糸を巻きつけて無線操縦車につなぎ、引っ張り回すことで、追いかけているように見せる--。  フジテレビは11月1日、そんな「演出」をしたバラエティー番組「ほこ×たて」の放送…[ 続きを読む ]

犬|猫|その他|話題|テレビ,動物虐待,海外

AERA

犬もかかる「心の病」 しっぽを追い回していたら要注意

犬にも心がある。だから人間のように心を病むこともある。 しかもこの数年、精神疾患にかかる犬が増加傾向にある。 犬の心に何が起きているのか--。  生後2カ月でペットショップから買われてきたオスの柴犬。飼い主宅に迎えられて数カ月がたったころから、自分のしっぽを追うようになった。  最初は遊んでいるような様子で気にならなかったが、次第にほえ声も加わった。さらに…[ 続きを読む ]

犬|健康|動物行動学,常同障害,獣医師

AERA

ペット業者が「組織票」 環境省パブコメに数万票か

5年に1度の改正が迫る動物愛護法。年間20万匹を超える犬猫の殺処分数を減らすため、専門家による議論が進んでいる。そんな流れに水をさす、ペット業者の動きが明らかになった。 「関連団体と協力の上、一通でも多くの意見を環境省に提出することといたしております」  8月半ば、ペットショップ経営者らに、そんな「要請文」が送られてきた。同封されていたのは、「意見例」と「…[ 続きを読む ]

犬|話題|ペットショップ,動物愛護法,環境省

AERA

犬オークションの現場 追及-ペット流通のブラックボックス③

幼齢犬流通を助長  ペットオークション(競り市)を中心とした日本の犬ビジネスと密接にかかわるのが幼齢犬の問題だ。犬ビジネスでは、子犬ほど需要が高いからだが、それは一方で、遺棄につながる危険性を持っている。  幼齢犬問題の第一人者で、米ペンシルベニア大獣医学部のジェームス・サーペル教授は編著書『ドメスティック・ドッグ』で、こう指摘している。 「ペットショップ…[ 続きを読む ]

犬|話題|ペットオークション,ペットショップ,8週齢規制

AERA

犬オークションの現場 追及-ペット流通のブラックボックス②

 このペットオークション(競り市)というビジネスモデルが誕生したのは約20年前といわれる。それ以前はペットショップとブリーダーが相対で取引をしていた。次第に異業種からの参入者が増え、犬の流通量も増えたことから相対取引が限界になった。犬ビジネスの拡大が、オークションを生み出したといえるが、同時に別の問題を生んだ。  悪徳ブリーダーの温床となり、幼い子犬(幼齢…[ 続きを読む ]

犬|話題|ペットオークション,ペットショップ,8週齢規制

AERA

犬オークションの現場 追及-ペット流通のブラックボックス①

日本独特の流通システム。犬ビジネスの隆盛とともに巨大化し、複雑化してきた。 だがそれが、様々な問題の温床にもなっている。捨て犬を生み出す、「ブラックボックス」に迫る。(編集部 太田匡彦)  競り人の声がマイクを通じて大音量で聞こえてくる。その合間を縫うように、子犬や子猫のか細い鳴き声が耳に届く。  中央に小さな檻が据えられ、周囲を折りたたみ机が取り巻く。約…[ 続きを読む ]

犬|話題|ペットオークション,ペットショップ,8週齢規制

AERA

隔週木曜日は「捨て犬の日」 行政と流通が身勝手飼い主を生む④

 しかし、ペットショップの店頭ならば席について1時間あまりの説明も可能だろうが、イベント会場ではそんなスペースもなく、十分な説明は困難だ。また在庫処分の意味合いも兼ねるから、価格を低めに設定することが多く、その分衝動買いを促しやすい。 価格勝負の投げ売り  あるペットショップチェーン幹部も、 「当然、衝動買い狙いです。十分な説明どころか価格勝負の投げ売り状…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|地方,殺処分,行政

AERA

2ページ中1ページ目を表示