TOP > 検索結果

“使役動物”検索結果

52件 1〜10件目

盲導犬応援の寄付、今年は1千万円超 四つ折り紙幣続々 青森駅周辺 /青森県

 青森駅近くの商業施設3店に置かれている日本盲導犬協会の募金箱に、今年1年間で計1千万円超の寄付が寄せられていた。同協会によると、昨年は計約50万円だった。3店とも、春以降は四つ折りの1万円札がまと…[ 続きを読む ]

介助犬、ただいま訓練中 ステッカーで周知、住民理解も進む 長久手

 愛知県長久手市内では時折、犬を連れた車いす姿の人を見かける。同市福井に「介助犬総合訓練センター」があり、利用する障害者や介助犬の訓練のため、街に出ているのだ。 「これから介助犬の訓練が始まります」…[ 続きを読む ]

ミナミのホテルでウサギが支配人に /大阪府

 大阪・ミナミの「ホテル心斎橋ライオンズロック」で、飼っているウサギのヒロシが「支配人」として宿泊客のお見送りをし、人気を集めている。  2011年に外国人客が部屋に残していき、ホテルの入り口に小屋…[ 続きを読む ]

訴え実る 車のバック警報音、義務化条例成立 視覚障害者と盲導犬死亡事故 /徳島県

 車の警報ブザーを必ず使うことで、障害のある人の安全を図ろう――。目の不自由な男性と盲導犬が犠牲になった事故を教訓に、全国初の県条例が21日、成立した。年内の一部施行へ向けて、実際の運用について説明…[ 続きを読む ]

作物守れ、サル退治だワン モンキードッグ合同訓練 大町 /長野県

 野菜や果樹などの農作物に被害を与え、農地を踏み荒らすサルを追い払うように訓練した飼い犬「モンキードッグ」の合同訓練が6日、長野県大町市であった。飼い主同士の交流や訓練のおさらい、頭数を増やすための…[ 続きを読む ]

トイプードルお見事、警察犬合格 殺処分寸前に保護、訓練で本領 /茨城県

 来年の茨城県警の嘱託警察犬に挑戦していたトイプードルのアンズ(メス、2歳)が合格した。茨城県警が小型犬を嘱託警察犬にするのは初めて。1年間、遺留品や行方不明者の捜索に加わる。  嘱託警察犬は、日本…[ 続きを読む ]

盲導犬ペイジやってきた 亀岡の男性に貸与 /京都府

 日本自動車販売協会連合会から、京都府亀岡市河原林町のマッサージ師中川智弘さん(50)に盲導犬でラブラドルレトリバーのペイジ(雌、3歳)が貸与された。先月29日、伏見区内で貸与式があった。  中川さ…[ 続きを読む ]

盲導犬に愛の手を 「育てる会」、カレンダー販売

 盲導犬の育成を応援している「盲導犬を育てる会」は、犬のイラストが満載のチャリティーカレンダーを販売している。売り上げは、日本ライトハウス盲導犬訓練所(大阪府千早赤阪村)の盲導犬育成費にあてられる。…[ 続きを読む ]

警備犬レスター号、天国へ 中越地震、2歳児救助に貢献 /東京都

 2004年の新潟中越地震の際、土砂崩れに巻き込まれた当時2歳の男児の生存を突き止めた警視庁の警備犬「レスター号」が4日朝、老衰で死んだ。13歳だった。  ジャーマンシェパードのオス。警備部によると…[ 続きを読む ]

小型犬、警察犬審査に挑戦 採用なら来年活動 /茨城県

 来年の嘱託警察犬を選ぶ県警の審査会に、初めて小型犬が挑んだ。昨年までは大型7犬種のみで競ったが、体の大きさにとらわれず優秀な犬を選ぼうと、今年から出場制限が撤廃された。県内初の「小さな警察犬」の誕…[ 続きを読む ]

6ページ中1ページ目を表示