TOP > 検索結果

“保護猫”検索結果

84件 1〜10件目

保護猫のクルミ、家族みんなのかわいい妹よ。網戸にもすいすいと上手に登るの!

 赤ちゃんの時、カラスに狙われて助けられ、譲渡会で今のおうちと運命的に出会ったの。寒い日はお兄ちゃんのお腹の上であったまる。お母さんの肩にのるのも網戸登りも大好き。かわいい妹なのよ。 (東京都大田区…[ 続きを読む ]

原宿の街に生きた花屋の黒猫たち 看板猫との出会いと別れ(前編)

 東京・原宿の神宮前交差点近く、生花店で看板猫をつとめていた2匹の黒猫がいた。イケメンの「ヒロシ」と、可愛い「ユニ」。彼らがいなくなって半年以上たつ今も、その姿が語り継がれている。街に愛され、街に生…[ 続きを読む ]

保護された赤ちゃん猫 ひよこと一緒にヨチヨチ遊ぶ 究極のいやし写真集

 ふわふわの子猫とひよこが仲良く遊ぶ“究極のいやし”写真集「こねことひよこ」(光文社)が発売された。「ひよこは食べられてしまわないの?」と思わず心配になるが、写真集を開くと、…[ 続きを読む ]

山本仁美さん 子育てしながら猫の保護活動20年 譲渡拠点「なないろしっぽ」を運営

■小さな命と縁つないで  昨秋、保護猫の譲渡活動拠点「えんむすびスペース なないろしっぽ」を岡山市南区新保に開いた。猫カフェ形式で、小さな命と飼いたい人の縁をつなぐ空間である。  訪ねてみた。  い…[ 続きを読む ]

おしえて!しっぽ情報局 vol.17

 集英社クッキーで人気連載中、斉藤倫先生の「路地裏しっぽ診療所」とsippoのコラボ連載。なんと、sippo限定描き下ろし!  ご自身も保護猫活動をされている斉藤先生の、本誌では読めないエピソードは…[ 続きを読む ]

老猫ホームの最長老猫「てつ」、22歳で大往生 ホーム代表の夫妻に見守られ

 東京都大田区にある老猫ホームで最長老だったオス猫「てつ」(22)が10月16日、旅立った。仲良しの友「トラ」が逝ってから1年足らず。周囲から愛された末の大往生だった。   (末尾に写真特…[ 続きを読む ]

保護した直後に猫が出産! 「どうぶつドーナツ」屋さんの激動の1年半

 猫顔など人気の「どうぶつドーナツ」を開発・販売している「イクミママ」こと中尾育美さん(46)は、自宅でも猫たちと一緒に暮らしている。その猫たちとの生活は、夫の中尾和善さん(43)とメス猫の不思議な…[ 続きを読む ]

おしえて!しっぽ情報局 vol.16

 集英社クッキーで人気連載中、斉藤倫先生の「路地裏しっぽ診療所」とsippoのコラボ連載。なんと、sippo限定描き下ろし!  ご自身も保護猫活動をされている斉藤先生の、本誌では読めないエピソードは…[ 続きを読む ]

保護犬猫、シニアと生きる 一時預かりボランティアも 愛護団体が橋渡し

 捨てられて保護される犬や猫。高齢だったり病気を抱えていたりして新たな飼い主が見つかりにくい場合もあります。「ペットがほしいけど最後まで飼えるか不安」というシニア層に、そういう犬や猫の「受け皿」にな…[ 続きを読む ]

保護犬・猫 約半数が「飼いたい」 sippoアンケート

 飼い主のいない保護犬、保護猫を飼いたい人は48%――。朝日新聞社のペット情報メディア「sippo」のアンケートで、こんな結果が出た。  アンケートは9月上旬、朝日新聞デジタルの会員に行った。641…[ 続きを読む ]

9ページ中1ページ目を表示