TOP > 検索結果

“動物行動学”検索結果

23件 1〜10件目

第34回 室内で暴れる子猫は異常? いいえ、しっかり遊べる環境を

 猫の困った行動について、最近、次のような相談を受けました。 名前:コタロウ(日本猫雑種/♂/生後5カ月) 困っていること:飼い主にかみついたり、引っかいたりする。異常に活発で部屋中を走り回り、全く…[ 続きを読む ]

第27回 動物の体だけでなく、心を意識した獣医療の時代

 ヒトは太古の昔から動物をさまざまな形で利用し、自らの暮らしを豊かにしてきた。ヒトの生活はそのような動物たちの犠牲の上に成り立っていることは事実であるし、それを全面的に否定すると現代の我々の生活は成…[ 続きを読む ]

第21回 猫のニーズとは? 室内飼いの猫に必要な環境 その8

 猫は単独で縄張りを持つヤマネコと共通の祖先を持ち、犬や人に比べると社会性が低いとされています。しかし、子猫の時期から適切にふれあいの機会を持てば、猫はもちろんのこと、人や犬などの異種動物とも仲良く…[ 続きを読む ]

第21回 1歳未満の子犬は、自分のコントロールができない存在

「子犬」や「幼犬」とは、だいたい1歳になるまでの犬のことを指します。成長はまだまだこれからという年齢のため、自分では体調をコントロールできなかったり、様々な判断能力に欠けていたりする状態と言えます。…[ 続きを読む ]

第19回 猫のニーズとは? 室内飼いの猫に必要な環境 その7

 動物には、それぞれの種によって正常な行動のレパートリーがあります。そしてその種の動物が本来持つレパートリーに含まれる行動をすることによって、幸福感を感じることができます。  猫の行動レパートリーの…[ 続きを読む ]

第18回 猫のニーズとは? 室内飼いの猫に必要な環境 その6

 爪とぎは、猫にとって古くなった爪の外層を取り除いて爪をとがらせるためのグルーミング行動であるとともに、自分のなわばりにしるしをつけるためのマーキング行動でもあります。爪とぎを行った場所には爪の痕や…[ 続きを読む ]

第17回 猫のニーズとは? 室内飼いの猫に必要な環境 その5

 猫は生後5~6週齢ぐらいで、排泄場所の条件付けができると言われています。したがってできるだけ早い時期に適切な場所で排泄するように習慣づけておくことが、トイレのしつけ成功の秘訣です。  もともと砂状…[ 続きを読む ]

うさぎのトイレ

第6回はうさぎのトイレについて紹介します。うさぎにとってトイレとはなんなのか、どのようにトイレを選んだらよいのでしょうか。(うさぎと暮らす編集部)   「におい=フェロモン」は大切な情報交…[ 続きを読む ]

第16回 猫のニーズとは? 室内飼いの猫に必要な環境 その4

安心して眠れる場所  猫は一日の3分の2を寝て過ごすと言われています。一日中同じ場所で眠るのではなく、季節や時間によって日当たりの良い場所、暖かい場所、静かな場所などを選んで移動します。  普通は、…[ 続きを読む ]

第15回 猫のニーズとは? 室内飼いの猫に必要な環境 その3

上下運動ができるスペース  猫の祖先種とされるヤマネコは森林で暮らし、上下運動をする動物です。ですから、自由に外出する猫は屋根に上ったり、塀の上を歩いたり、木に登ったりします。  そのため室内で飼育…[ 続きを読む ]

3ページ中1ページ目を表示