TOP > 話題

猫の「飼い主責任」、タレントの杉本彩さん講演 神戸でシンポジウム

デモ

 猫が繁殖などで増え、飼い主の手に負えなくなる「多頭飼育崩壊」の問題など、猫の飼い主の責任について考えるシンポジウムが11日、神戸市内であった。猫の保護活動に携わる県内のNPO法人などでつくる団体の主催で、タレントの杉本彩さんが講演し=写真=、約180人が参加した。  杉本さんは20代から猫の保護…[ 続きを読む ]

猫|話題|ライフスタイル|保護活動,保護猫,杉本彩,神戸市,講演

朝日新聞デジタル

学校猫「たま」いつまでも 忘れないよ 18年愛されて、校庭に墓標

デモ

 長野県伊那市立新山小学校(児童数30人)で飼われ、昨年末に死んだメス猫の「たま」をしのぶ墓標がこのほど、校庭の一角に建てられた。たまの死を聞いた元教員や保護者からの募金で建てられた墓標は、子どもたちの姿を見守っている。  たまは、18年ほど前から学校に居着くようになった。元気な頃は校舎の外に居た…[ 続きを読む ]

猫|話題|墓,学校猫,学校飼育動物,小学校,長野県伊那市

朝日新聞デジタル

犬と人間 目と目で通じあう、特別な絆

デモ

 このところ猫に押され気味ですが、「最古の家畜」であり、長く関係を深めてきたパートナーと言えるのはやはり犬。犬と人間はどんな道のりを歩み、特別な関係を築いてきたのでしょうか。探ってみました。  犬と私たちはいつ、出会ったのか。最も古い犬の骨は、ロシアで発見された約3万3千年前のものだ。旧人の居住跡…[ 続きを読む ]

犬|話題|ライフスタイル|パートナー,家畜,徳川綱吉,日本犬,番犬

朝日新聞デジタル

たくさんの善意で育つ盲導犬 一般家庭の「パピーウォーカー」とは? 東日本盲導犬協会

デモ

 視覚障害者の歩行を助ける盲導犬は、全国で約1千頭が活躍する。一方で、盲導犬との歩行を希望する視覚障害者は約3千人と言われ、数が圧倒的に足りない。宇都宮市の東日本盲導犬協会は盲導犬を無償貸与するため、繁殖や育成、訓練などに取り組んでいる。  育成にはボランティアの協力が不可欠だ。盲導犬になる犬はブ…[ 続きを読む ]

犬|話題|ライフスタイル|パピーウォーカー,ボランティア,ラブラドルレトリバー,宇都宮市,盲導犬

朝日新聞デジタル

愛犬と一緒に空の旅! JAL、成田から鹿児島へチャーター便

デモ

 愛犬と一緒に航空機のチャーター便で空の旅を楽しめる「JALワンワンJETツアー」が実施された。日本航空とイオンペットが初めて企画し、63人と32匹が参加。2泊3日の旅程で、1月27日に成田空港から鹿児島に向けて飛び立った。  ペットは通常、貨物室に預け入れるが、今回は体重10キロ以下の愛犬と客室…[ 続きを読む ]

犬|話題|ライフスタイル|イオンペット,チャーター便,ペット同伴,成田空港,JAL

朝日新聞デジタル

土佐犬を逃がした疑いで飼い主に罰金 子どもがかまれてけが

デモ

 青森県八戸市鮫町の住宅街で昨年9月に男児(当時8)が土佐犬にかまれてけがをした事件で、八戸区検は1月、飼っていた土佐犬2頭を逃がしたとして、同市の70代男性を県動物愛護管理条例違反の罪で略式起訴し、八戸簡裁が2月6日、罰金10万円の略式命令を出した。  男性は土佐犬が人にけがをさせないよう係留し…[ 続きを読む ]

犬|話題|けが,動物愛護管理条例違反,土佐犬,罰金,青森県八戸市

朝日新聞デジタル

リビングのようにくつろいで 一緒に遊ぼ、犬カフェ 「飼えない人に触れ合える場を」

デモ

「ワンワンワン!」。扉を開けると元気な鳴き声が聞こえてきた。店内を見渡すとぴょんぴょんと跳びはねる犬、犬、犬。岡山市北区表町3丁目にある犬カフェ「Codyのいす」。犬好きにとっては至福の光景が広がっていた。  オープンは昨年8月。店内には十数匹の犬がいて、一度に何匹もの犬と戯れながら、コーヒーなど…[ 続きを読む ]

犬|猫|その他|話題|ライフスタイル|ドッグカフェ,動物カフェ,岡山市,犬カフェ,犬好き

朝日新聞デジタル

ゾウの「ふじ子」、騒音ストレスで 夜中も立ったまま眠る!?「体調が心配……」

デモ

 愛知県岡崎市の市東公園動物園でゾウ舎改築工事のため、来園者がアジアゾウの「ふじ子」を見られなくなって7カ月が過ぎた。ふじ子は元気だが、工事の騒音などでストレスを抱えているという。体調に配慮しながらの工事は当初予定から1カ月半ほど遅れ、来園者の前に再び姿を現すのは4月下旬にずれ込む見通しだ。  1…[ 続きを読む ]

その他|話題|ふじ子,ストレス,ゾウ,岡崎市東公園動物園,愛知県岡崎市

朝日新聞デジタル

「災害時、ペット同行避難者を受け入れるように」 宮城県が防災計画に盛り込む

デモ

 災害時の避難所で、避難者が飼うペットを受け入れることが宮城県の地域防災計画に初めて明記された。県防災会議が7日、県庁であり、修正案が承認された。  ペットの受け入れについて、「衛生面に配慮し、可能な限り(ペット)同行避難者の受入体制を整備する」と明記。鳴き声やにおい、アレルギーなどへの対策につい…[ 続きを読む ]

犬|猫|動物愛護|話題|ペットの防災対策,ペット同行避難,宮城県,被災ペット,防災計画

朝日新聞デジタル

保護猫の命、救うカフェ 160匹の引き取り手、見つける

デモ

 保護された捨て猫や野良猫とふれあえる猫カフェが三重県玉城町にある。本来の目的は新しい飼い主への橋渡し。オーナーの山口幸範さん(44)は「ペットショップへ行く前に、殺処分されてしまう猫の存在に目を向けてほしい」と話す。  北欧産の木材を使ったログハウスの店内で、黒や三毛など様々な色や柄の猫30匹が…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|話題|三重県玉城町,保護猫,保護猫カフェ,殺処分問題,里親探し

朝日新聞デジタル

150ページ中2ページ目を表示