TOP > 話題

犬や猫、かけがえのない命を丸太に刻み込む 「はしもとみお彫刻の世界展 木のどうぶつたち」

デモ

「はしもとみお彫刻の世界展 木のどうぶつたち」が、愛知県岡崎市のおかざき世界子ども美術博物館で開かれている。はしもとみおさんは兵庫県出身で、現在は三重県いなべ市で制作活動をしている「動物肖像彫刻家」。一本の丸太から彫り出された様々な動物の作品はどれも見る者を和ませる。彼女の学生時代の作品に注目し、…[ 続きを読む ]

犬|猫|その他|話題|はしもとみお,作品展,彫刻,愛知県岡崎市,木彫りの猫

朝日新聞デジタル

200匹の動物たちと砂漠で暮らす日本人女性 あったかライフ写真集

デモ

 幻想的な美しさがある砂漠の“非日常”と、砂漠に暮らす人々と動物たちとの“日常”を切り取ったネイチャーライフ写真集「Life in the Desert 砂漠に棲む」(玄光社)が発売された。   (末尾に写真特集があります)   …[ 続きを読む ]

犬|猫|その他|話題|ライフスタイル|はなもも,アラブ,写真集,砂漠,自然

sippo

保護した子猫のいのち、授乳で助けて! 自治体に広がる「ミルクボランティア」、千葉県でも募集中

デモ

 千葉県は、保護した飼い主のいない子猫を預かり、授乳などの世話をする「一時飼養ボランティア(ミルクボランティア)」の募集を始めた。県動物愛護センター(富里市)で殺処分される猫の数を減らし、新しい飼い主への譲渡を進める狙いだ。  ミルクボランティアは、同センターが保護した離乳前の子猫を、生後3カ月程…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|話題|ミルクボランティア,保護猫,動物愛護センター,千葉県,殺処分ゼロ

朝日新聞デジタル

「私の代わりに連れてって…」 犬や猫のぬいぐるみ 人から預かり、世界を旅して撮影!

デモ

 心の病で外に出られない。体に不自由があり遠出は難しい。様々な事情を抱えた人たちのぬいぐるみを預かって国内外の旅行に連れて行き、旅の様子を写真に収めて持ち主に渡す。そんな横浜市中区のNPO法人の活動に、少しずつ共感が集まっている。   (末尾にフォトギャラリーがあります)   …[ 続きを読む ]

その他|話題|ライフスタイル|ぬいぐるみ,旅行,日本ぬいぐるみ協会,横浜市,NPO法人

朝日新聞デジタル

猫52匹を保護、「飼い主」探しています! 個人宅で繁殖、あっという間に増えて手に負えなくなり…

デモ

 北海道旭川市の個人宅で飼われていた猫が繁殖して増えすぎ、飼い主が手に負えなくなったとして、市動物愛護センター「あにまある」が今月、52匹を保護し、新たな飼い主を探している。同センターは責任ある飼育管理や早めの相談を呼びかけている。  飼われていたのは市内西部の一軒家で、今月上旬、この家を訪ねた市…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|話題|不妊・去勢手術,保護猫,動物愛護センター,北海道旭川市,多頭飼育崩壊

朝日新聞デジタル

殺処分まぬがれた2匹、災害救助犬に! 玄とモナカが試験を突破 災害時の「出動」めざす

デモ

 殺処分の可能性もあった2匹の雑種犬が18日、徳島県の災害救助犬に認定された。2年前に始まった県のプロジェクトで資質が認められ、訓練を経て最終試験を突破。2匹は南海トラフ巨大地震などの災害時に、助けを待つ人たちを捜す役割を担う。  県が認定したのは、いずれもオスの「玄(げん)」(推定2歳3カ月)と…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|話題|南海トラフ,夢之丞,殺処分,災害救助犬,玄とモナカ

朝日新聞デジタル

愛犬と散歩しながら街を見守り 「防犯ウォーキング犬」登録したら犬用バンダナもらえます!

デモ

 愛犬の散歩を楽しみながら地域をパトロール――。千葉市花見川区役所は今月から、散歩やジョギングを兼ねて地域の見守り活動をしてもらう「防犯ウォーキングボランティア」の登録者に、愛犬用のバンダナを配布する事業を始めた。ボランティアの高齢化が進む中、若い世代にも参加してもらう狙いだ。  花見川区は200…[ 続きを読む ]

犬|話題|バンダナ,ボランティア,千葉市花見川区,犬の散歩,防犯ウォーキング犬

朝日新聞デジタル

視覚障害者への声のかけ方、どうすれば? 盲導犬利用者から駅員ら90人が学ぶ 京成電鉄

デモ

 視覚障害者が駅のホームから転落して亡くなる事故が相次いでいるのを受け、京成電鉄(本社・千葉県市川市)は17日、船橋市宮本8丁目の船橋競馬場駅で、視覚障害者への声のかけ方や誘導案内の講習を初めて実施した。駅長や駅員ら約90人が参加した。  日本盲導犬協会神奈川訓練センターの職員や盲導犬の利用者が指…[ 続きを読む ]

犬|話題|サービス介助士,京成電鉄,千葉県船橋市,盲導犬,視覚障害者

朝日新聞デジタル

愛犬の“お留守番”は「後ろめたい」「心配」…日本は米国より長時間の傾向

デモ

 愛犬の“お留守番”に関する実態調査を日米で行ったところ、お留守番させるドッグオーナーの7割は、日米共通で「後ろめたい」「悲しい」「心配」など、愛犬のお留守番にネガティブな感情を抱いていることが分かった。  この調査は、愛犬の留守番用のドッグカメラ「Furbo(ファーボ)」…[ 続きを読む ]

犬|話題|ライフスタイル|アンケート,ドッグカメラ,実態調査,愛犬,留守番

sippo

ペットの秋田犬にかまれ、79歳女性が出血性ショックで死亡

デモ

 17日午前11時ごろ、北海道斜里町ウトロ高原の無職今野恒子さん(79)が、飼い犬に右腕などを深くかまれた。病院に運ばれたが、出血性ショックで間もなく死亡した。  斜里署によると、今野さんは夫と息子と暮らしているが、当時は1人だった。犬は体長約1メートル、体高約80センチの秋田犬(オス、3歳)で、…[ 続きを読む ]

犬|話題|かみつき,出血性ショック,北海道斜里町,死亡,秋田犬

朝日新聞デジタル

167ページ中2ページ目を表示