TOP > 動物愛護

幸せを呼ぶ“顔の黒い女”「リュネット」 穏やかに笑う

デモ

 飼い主のAyaさんと一緒にゆったりと散歩するリュネット。遠くから一目で「あ、リュネットだ」とわかる。白い体に水玉模様が可愛らしく、顔だけが真っ黒だ。  真っ黒な顔の中で、黒目がちな瞳を際立たせるように、目の周りだけ丸く白い毛で囲まれている。これが名前の由来。「リュネット」とはフランス語で「メガネ…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|ライフスタイル|メガネ,保護犬,動物愛護団体,幸せ,預かりボランティア

sippo

sippo特別写真展「みんなイヌ、みんなネコ」 GWに東松山でも開催

デモ

 sippo特別写真展「みんなイヌ、みんなネコ」が、5月のゴールデンウィークに、埼玉県東松山市の「丸広百貨店 東松山店」で開かれることになりました。昨年9月の東京都渋谷区、今年4月の埼玉県川越市に続き、3回目の開催となります。  5月3日(水・祝)~8日(月)の午前10時~午後7時(最終日は午後5…[ 続きを読む ]

犬|猫|動物愛護|エンターテインメント|みんなイヌ,保護犬,保護猫,写真展,東松山

sippo

保護した子猫のいのち、授乳で助けて! 自治体に広がる「ミルクボランティア」、千葉県でも募集中

デモ

 千葉県は、保護した飼い主のいない子猫を預かり、授乳などの世話をする「一時飼養ボランティア(ミルクボランティア)」の募集を始めた。県動物愛護センター(富里市)で殺処分される猫の数を減らし、新しい飼い主への譲渡を進める狙いだ。  ミルクボランティアは、同センターが保護した離乳前の子猫を、生後3カ月程…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|話題|ミルクボランティア,保護猫,動物愛護センター,千葉県,殺処分ゼロ

朝日新聞デジタル

猫52匹を保護、「飼い主」探しています! 個人宅で繁殖、あっという間に増えて手に負えなくなり…

デモ

 北海道旭川市の個人宅で飼われていた猫が繁殖して増えすぎ、飼い主が手に負えなくなったとして、市動物愛護センター「あにまある」が今月、52匹を保護し、新たな飼い主を探している。同センターは責任ある飼育管理や早めの相談を呼びかけている。  飼われていたのは市内西部の一軒家で、今月上旬、この家を訪ねた市…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|話題|不妊・去勢手術,保護猫,動物愛護センター,北海道旭川市,多頭飼育崩壊

朝日新聞デジタル

殺処分まぬがれた2匹、災害救助犬に! 玄とモナカが試験を突破 災害時の「出動」めざす

デモ

 殺処分の可能性もあった2匹の雑種犬が18日、徳島県の災害救助犬に認定された。2年前に始まった県のプロジェクトで資質が認められ、訓練を経て最終試験を突破。2匹は南海トラフ巨大地震などの災害時に、助けを待つ人たちを捜す役割を担う。  県が認定したのは、いずれもオスの「玄(げん)」(推定2歳3カ月)と…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|話題|南海トラフ,夢之丞,殺処分,災害救助犬,玄とモナカ

朝日新聞デジタル

犬や猫の殺処分率、なぜ香川は多いの?  犬は6年連続ワーストの「不名誉」

デモ

■香川が全国ワーストって、ホント?不名誉だよね 犬は6年連続、猫も深刻 ちゅるる  少し前に犬や猫の譲渡会をみかけたよ。かわいかったな。でもそこで「香川は全国ワーストなんだ」って聞いたけど、どういうこと? ぼんさい博士  それは、犬の殺処分率のことだね。殺処分率というのは、県内の保健所に収容され、…[ 続きを読む ]

犬|猫|動物愛護|話題|動物愛護センター,殺処分問題,譲渡会,野犬,香川県

朝日新聞デジタル

災害時には愛犬・愛猫を「連れて逃げる」が常識に 熊本地震で見えた課題

デモ

2016年4月14日、夜。震度7という、誰もが経験したことのないような揺れが熊本を襲った。まさかの事態の中、愛犬・愛猫は……? 避難所での生活は? 震災からちょうど1年。被災した人たちの声から見えてきたのは、行政、ボランティア、病院などの連携の大切さだ。 文/浅野裕見子…[ 続きを読む ]

犬|猫|動物愛護|ペット同伴,熊本大地震,獣医療,避難

sippo

杉本彩&でんじろう 私がこの子に選ばれた? 深い縁で結ばれた相棒

デモ

幼いある日、理不尽にも愛する動物と引き離された。その辛(つら)い経験が、彼女の動物保護運動の原点となった。 そこに助けを求める命がある限り、手を差し伸べ続ける。 文/浅野裕見子 撮影/岡田晃奈  チワワのでんじろう(でんちゃん)との出会いは、今から5年ほど前。管理しきれず飼育放棄に至ったパピーミル…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|ライフスタイル|保護活動,保護犬,動物愛護,愛犬,著名人

sippo

第18回 子犬、子猫の販売規制 速やかに「8週」導入を

デモ

 第2次世界大戦の終結に一役買った、日本人の運命を左右した「誤訳」がある。  日本がポツダム宣言を受諾するにあたり米国は「天皇及び日本国政府の国家統治の権限は(中略)連合国軍最高司令官に“subject to”する」と伝えてきた。subject toを普通に訳せば「従属・服…[ 続きを読む ]

犬|猫|動物愛護|動物取扱業者,動物福祉,動物行動学,8週齢規制

sippo

「譲り受ける」という選択、知って 譲渡された犬猫の写真展、川崎市で

デモ

 動物愛護センターに収容された犬や猫の殺処分を減らそうと、川崎市は14日から、JR川崎駅前の地下街アゼリアで、センターから新しい飼い主に譲り渡された犬猫の写真を展示する。27日まで。市では原則毎月第3日曜日の午後2時から高津区のセンターで譲渡会を開いていて、市の担当者は「動物を飼う時には、センター…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|話題|写真展,動物愛護センター,川崎市,殺処分問題,譲渡会

朝日新聞デジタル

65ページ中4ページ目を表示