TOP > 動物愛護 > 猫と動物愛護に関する記事

猫と動物愛護に関する記事

400件 1〜10件目

障子をビリビリッ! 毎日がお祭り?! 姉妹猫と仲間たちの“ヤンチャすぎる”日々

 保護した小さな小さな赤ちゃん猫の姉妹が、障子を得意げに破る活発な猫に成長した。先住の4匹の猫と、犬1匹、人2人との暮らしは、毎日がとてつもない賑やかさ。ツイ…[ 続きを読む ]

「こんなにかわいいんだ!」 宇都宮でsippo特別写真展「みんなイヌ、みんなネコ」開幕

 展示される写真は、かつて保護されていた犬や猫ばかり。いまは幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を知って欲しい――。sippo特別写真展「みんなイヌ、みんなネコ」が…[ 続きを読む ]

いたずら猫の禁じられた遊び ティッシュ、お風呂、台所…懲りない黒猫「龍」

「キャーー! なんなのコレは」  都内のマンションに住む浩子さんは、叫び声をあげた。夜、帰宅すると、愛猫の「龍」が居間に置いてあったティッシュぺーパーを爪で引…[ 続きを読む ]

猫の投薬、「お手」も簡単?! 科学的なトレーニングで、猫との暮らしが変わる

 トレーニングは、犬にはできるが猫には難しそう。しかも若い猫でないと無理なのでは?そんな常識(思い込み)をくつがえし、科学的に、楽しく、猫とトレーニングができ…[ 続きを読む ]

がんで逝った姉が残した犬と猫 激動の日々を支え合って生きる

 のりこさん(48歳)は都内のマンションで、2匹の猫と1匹の犬と暮らす。シンガプーラのピナ(16歳・雌)と、保護猫ルンルン(15歳の雑種・雄)、犬のヨーちゃん…[ 続きを読む ]

第11回 米国の動物介在プログラム(前編) 犬猫にも受刑者にもメリットがある

  第4回 、 第5回 のコラムでは、アメリカ初の“プリズン・ドッグ”プログラムであるワシントン州の「プリズン・ペット・パートナーシッ…[ 続きを読む ]

臆病な捨て猫だったけど、今ではすっかり人に慣れたよ! 黒猫のくー(オンリーわん&おんりーニャン)

■くー(メス 12歳)  捨て猫だったくーを拾ってきたのは、生後1カ月くらいの時でした。小柄な黒猫で、臆病なところがある猫でした。  今ではすっかり人に慣れ、…[ 続きを読む ]

街中の動物愛護センター 祇園育ちの女優・杉本彩さんが紹介「売買される犬猫、その現実を変えたい」

 女優の杉本彩(48)は憤っている。なぜ、日本では犬や猫をペットショップで購入するのか。どうして命がこれほど簡単に売り買いされてしまうのか。   (…[ 続きを読む ]

野良時代の名残で、今も1日1回は外出してる「家猫修業中」のポコ

 たまたま通りかかった家の庭で、お母ちゃんに声をかけられ、マタタビに釣られてフラフラと通うようになったの。野良時代は腹ペコだったけど今は幸せ。こんなに太っちゃ…[ 続きを読む ]

廃業の猫カフェの猫を引き取って開店 保護猫カフェ「ひとやすみ」

 保護された捨て猫や野良猫もいる「猫カフェ」が名古屋市中心部のオフィス街にある。店名は「ひとやすみ」。まったりとくつろげる場所は、保護猫を新しい飼い主に橋渡し…[ 続きを読む ]

40ページ中1ページ目を表示