TOP > 「介助犬」すごいね! 手足の不自由な人を助けるパートナー 子どもたちが体験学習会

トピックス

「介助犬」すごいね! 手足の不自由な人を助けるパートナー 子どもたちが体験学習会

子どもたちは車いすで落とした物を介助犬に拾ってもらう体験もした=千葉県横芝光町文化会館
子どもたちは車いすで落とした物を介助犬に拾ってもらう体験もした=千葉県横芝光町文化会館

 手足の不自由な人の手助けをする介助犬について学ぶ小中学生向けの体験学習会が、千葉県横芝光町で8月22日にあった。福祉の様々な面に関心を持ってもらおうと町社会福祉協議会が夏休みに合わせて開催し、保護者らを含め38人が参加した。


 介助犬の育成・普及に努める日本介助犬協会(本部・横浜市)の広報担当者2人と3歳のメス「ヌーン」が、実演を交えて介助犬の仕事などを紹介。ヌーンが使用者の求めに応じ、冷蔵庫のドアを開けてペットボトルの飲み物を持ってきたり、靴や靴下を脱ぐのを手伝ったりする様子に、子どもたちは感心していた。

 

靴下を脱いで片づける手伝いをする介助犬=千葉県横芝光町文化会館
靴下を脱いで片づける手伝いをする介助犬=千葉県横芝光町文化会館

 車いすで落とした物をヌーンに拾ってもらう体験もした町立大総小学校6年の土屋明寿香さんは「ちゃんと話をきいて物を取ってくるところなどがすごい。賢いなと思った」と話した。


(福田祥史)

 

<関連記事>

盲導犬拒否、6割が経験 犬を理由にして「差別」? 法施行から1年、啓発求める声


専門の獣医師があなたの疑問にお答えします(健康医療相談)