TOP > 純和風な犬! 柴犬「豆助」 番組とともに愛され20代目

トピックス

朝日新聞・朝日新聞|更新|2018/01/02

純和風な犬! 柴犬「豆助」 番組とともに愛され20代目

20代目豆助。つぶらな瞳と黒い線が入ったしっぽ、横顔のりりしさが特徴=テレビ大阪提供
20代目豆助。つぶらな瞳と黒い線が入ったしっぽ、横顔のりりしさが特徴=テレビ大阪提供

 唐草模様の風呂敷を首に巻き、ちょこちょこと走る柴犬「豆助」。テレビ東京系の番組「和風総本家」(毎週木曜夜9時)の人気マスコットだ。現在すでに20代目。写真集も出るなど、愛され続けている。

 

(末尾に写真特集があります)

「和風総本家 二十代目 豆助 オフィシャル フォトブック」から=テレビ大阪提供
「和風総本家 二十代目 豆助 オフィシャル フォトブック」から=テレビ大阪提供

◆初代は成犬だった?!

 番組はテレビ大阪制作で、2008年春に始まった。「和」をテーマに、職人技などをクイズを交えて紹介する。豆助は同年夏、和菓子店にお使いに行く役割で初登場。トレードマークの風呂敷は、菓子を包む小道具だった。


 初代は成犬で、2代目からは子犬に。3代目は口周りが黒い〝どろぼう顔〟だった。人気を決定づけたのが11年春就任の7代目。フワフワの丸顔が視聴者の心をつかみ、写真集も出るようになった。18代目には黒色が登場するなど、各豆助の個性が光る。


「こんな人気者になるとは思わなかった」と、初代から担当する浅川政樹ディレクター。街中で撮影すると、「豆助ですよね」と声をかけられることもあるという。

 

「和風総本家 豆助っていいな。歴代ベストフォトブック」(ソラオト書店)
「和風総本家 豆助っていいな。歴代ベストフォトブック」(ソラオト書店)

◆半年で代替わり

 初登場から10年足らずでもう20代目。子犬は成長が早く、撮影期間は半月程度。約半年で次にバトンタッチするためだ。


 つきあう期間は短くても選ぶ過程は入念だ。昨年秋にデビューした20代目は、各地のブリーダーから寄せられた何十匹もの写真から候補を絞り込み、さらに動画を撮った上で、スタッフで話し合って決めた。


 重視するのは、風呂敷が似合うかどうか。20代目には〝これぞ柴犬〟の茶色の子犬を選んだ。7月生まれのオスで、撮影時の体長約40㌢、体重約2㌔だった。つぶらな瞳と黒い線が入ったしっぽ、横顔のりりしさが特徴だ。

 

「和風総本家 二十代目 豆助 オフィシャル フォトブック」(新紀元社)
「和風総本家 二十代目 豆助 オフィシャル フォトブック」(新紀元社)

 長く豆助を撮ってきた写真家の森下泰樹さんは「歴代豆助はすべてかわいくて日本犬らしさがある」と話す。


 物作りの現場をじっくりと見せる番組にあってその存在は、「視聴者にほっこりと肩の力を抜いてもらう効果もある」と庄田真人プロデューサー。「『豆助の番組』と言われることはうれしい」


 歴代豆助の写真を集めた初のベスト写真集「和風総本家 豆助っていいな。歴代ベストフォトブック」(ソラオト書店、税別二千円)が11月に発売され、歴代豆助の飼い主も登場している。20代目のオフィシャルフォトブック(新紀元社、税別1200円)も12月に発売された。


(湊彬子)

前へ
初代豆助(2008年7月~09年5月)=テレビ大阪提供
次へ
出典:朝日新聞
1/26
前へ
次へ

専門の獣医師があなたの疑問にお答えします(健康医療相談)