TOP > 村田香織さん プロフィール

村田香織さん プロフィール

デモ

村田香織 (むらた・かおり)

もみの木動物病院(神戸市)副院長。イン・クローバー代表取締役。日本動物病院協会(JAHA)の「パピーケアスタッフ養成講座」メイン講師でもある。

村田香織さんの記事

「かみ癖」ってあるの? なでるとかみつく猫に困っています

 子猫時代に、人の手をかむことを「遊び」と覚えてしまった猫は、なでていると急にかみつくといいます。飼い主さんに、ふれあい方法をアドバイスします。 Q: こんにちは、初めまして。私の家で飼っている"さ…[ 続きを読む ]

しつこいのはイヤだニャ! 攻撃前に猫は「警告」を出している

 猫は飼い主になでられている最中に、突然かみついたり引っかいたりすることがあります。望まないタイミングでなでられたことがきっかけとなる場合もありますが、自分から甘えてすり寄って来たにもかかわらず、な…[ 続きを読む ]

結婚半年たっても飼い猫が夫になつきません どうしたらいい?

 出会った人にいつまでも慣れず、抱っこもさせてくれない……。そんな飼い猫に困っていませんか。無理強いせず、時間をかけて猫と信頼関係を築くのがおすすめ。仲良くしてもらう方法…[ 続きを読む ]

第59回 逃げられないと猫は捨て身の「攻撃」に出る! 病院でも「追いつめない」のが大事

 猫はもともと、げっ歯類などの小さな動物を捕らえて食べる肉食動物ですが、猫自身も他の肉食動物に食べられてしまう立場の動物です。そのためとても警戒心が強く臆病です。  恐怖を感じたときに動物がとる行動…[ 続きを読む ]

第58回 猫の「問題行動」、まず原因を探ることが大切、病気やストレスが原因のことも!

 私たち人間がペットとともに暮らす上で、人間側にとって不都合な行動を、「問題行動」と呼びます。猫の場合、この問題行動の多くは正常行動です。飼い主さんが問題視する行動の多くが生まれつきの行動特性で、猫…[ 続きを読む ]

第57回 ペットの立場で考えよう 「良い動物病院」を選ぶ以上に大切なことって?

 早いもので動物病院を開院してから二十数年が経ちます。そしてこれまで本当に多くのすばらしい飼い主さんに出会うことができました。もちろん最初から誰とでもうまくコミュニケーションをとれたわけではありませ…[ 続きを読む ]

第56回  無理やり口をこじ開けるのはNG! 子猫のうちにフードで投薬練習をしよう

「こねこ塾」では猫に薬を与える方法も勉強してもらいます。犬は好物に薬を詰め込んだり、フードに混ぜたりして比較的簡単に投薬できます。しかし猫は警戒心が強く、このような食べ物はなかなか口にしてくれません…[ 続きを読む ]

第55回 子猫に歯磨き習慣を! 歯ブラシブラッシングしながらそっと口元をさわって

 猫も人と同様に、歯周病が多く発生します。歯周病は、口の中の不快感や痛み、口臭の原因になるばかりか、血流を介して細菌が腎臓、肝臓、心臓など全身の重要な臓器に運ばれて悪影響を及ぼします。健康で長生きす…[ 続きを読む ]

第54回 猫は足先も敏感! 爪切り練習はゴロゴロごきげんな時に少しずつ

  前回 お伝えした歯ブラシブラッシングを大好きにすれば爪切りや歯磨きの練習に応用することもできます。爪切りをする際に一番大切なのは、猫の足を触って爪を押し出す行為に慣らすことです。そもそも猫の足先…[ 続きを読む ]

第53回 母猫になめてもらってうっとり…子猫の幸せな記憶を呼び覚ますブラッシング!

 生後まもなくの子猫は眼も耳道も閉じており、視覚も聴覚も未発達です。自力で排泄することすらできないため、母猫がお尻や陰部をなめる刺激によって排尿や排便をします。同時に母猫は、子猫の全身をやさしくなめ…[ 続きを読む ]

7ページ中1ページ目を表示