相談・獣医師回答・コメント

ごまち(質問主)


犬アイコン 犬 7歳 メス イングリッシュ・セタ―

体重:14kg

飼育歴:1年4ヶ月

居住地:群馬県高崎市

飼育環境:室内

子宮蓄膿症にて、子宮と卵巣の摘出手術後1ヶ月以上経ちましたが、血の混じった薄赤い半透明のおりもの状のものが、わずかながら時々出ています。
術後、しばらくは膣内に残っている血膿が出ますとの獣医師からの説明があり、その通りしばらくは出ていました。出てきたものも最初はまさに血と膿の混ざっているようなものでしたが、それがだんだんと少なくなり、冒頭に記入したようなものがごくわずかながら出ている状態です。
術後2週間でいったん血液検査をしましたが、白血球の数が若干多目だけれど、それ以外異常はなく、抗生剤もその後中止しました。陰部から出ているものについて獣医師に相談しても、様子見で良いとのことでした。
犬の状態は、熱もなく、見た目では元気もあり、食欲もあり、下痢や嘔吐もなく、尿にも血は混じっていないようです。
わずからながら出ている血の混じったおりもの状のものは、様子を見ているだけでよいのでしょうか。それとも別の動物病院にて、診ていただいた方がいいのでしょうか。
ご回答よろしくお願いいたします。

日時2017-11-06 12:01:48

専門の獣医師からの回答

術後一カ月以上経過しても陰部からおりものが出るということですね。
子宮蓄膿症の術後は獣医師からの説明のように多少なりおりものが出ることはあります。
ただ、通常は一週間もあればおりものは消失します。
徐々におりものは少なくなっているとのことですが、期間が長いですね。
可能性としては子宮断端の炎症、感染もしくは膣炎などが考えられます。
おりものが減少してきて、元気食欲もあるとのことなのでもうしばらく様子を見ても大丈夫だと思いますが、心配なようでしたら、エコー検査にて子宮断端に異常がないか確認してもらったり、膣洗浄を行ってみても良いかもしれません。かかりつけの先生に相談してみて下さい。

日時2017-11-10 16:02:38

ごまち(質問主)


ご回答ありがとうございます。とても参考になりました。その後、出血はさらに減り、とうとう出血しなくなりました。ひと安心しております。

日時2017-11-10 16:38:13

 

この相談にコメント・回答する

コメントするにはログインが必要です