TOP > 名古屋で開催のわんにゃんドーム、トヨタドッグサークルのブースも大盛況

sippo・Powered by トヨタマーケティングジャパン・sippo|更新|2016/02/25

名古屋で開催のわんにゃんドーム、トヨタドッグサークルのブースも大盛況

 日本最大級のペットイベント「わんにゃんドーム2016」が、2月13日(土)・14日(日)にナゴヤドームで開催された。2004年のスタートから13回目を迎える人気のイベントで、今年はついに6万人を突破。ペット同伴で入場できるとあり、会場は愛犬や愛猫、なかには猛禽類や豚といった珍ペットの姿も見られた。

 2日間の開催中は、CMでブレイク中の猫の春馬くんとの記念撮影会やステージでのショー、しつけ教室など多彩な催し盛りだくさん。またバレンタインデー当日とあって、ペットはもちろん人間の舌もうならせる厳選スイーツやグルメも勢ぞろい。ペットだけでなく大人も子どもも楽しめるイベントが繰り広げられた。

 

◆愛犬とのドライブに夢が膨らむ「トヨタドッグサークル」は今年も大盛況!

 

愛犬の可愛い写真をとってくれるコーナーも。
愛犬の可愛い写真をとってくれるコーナーも。

 ペットが家族の一員という存在になったいま、一緒におでかけする機会は各段に増加。ペットとともに楽しむカーライフには高い関心が寄せられている。ペットにとっても人にとっても安全で快適なカーライフを追求する「トヨタドッグサークル」のブースやステージは、今回のイベントでも特に注目を集めていた。

 

 

 

ステージイベントでは愛犬とのおでかけについての疑問をワンサーが犬目線で解説。
ステージイベントでは愛犬とのおでかけについての疑問をワンサーが犬目線で解説。

両日会場内で行われたステージイベントでは「犬生相談」を実施。犬の車酔いはどうすればいい?散歩でなかなか歩いてくれないなど、飼い主の多くが抱える愛犬とのお出かけのお悩みに、トヨタドッグサークル員で犬の気持ちを代弁してくれる「ワンサー」(ワンサーについては詳しく知らない人はこちら)がQ&A形式で回答、参加した人も真剣に聞き入っていた。車での愛犬との外出にぴったりのグッズも登場し、ワンサーが実演してその使い方を紹介。車内を汚さないラゲッジルームカバーやトラベルボウル(犬用食器)、軽量でコンパクトなペットキャリーバッグなど便利でスタイリッシュなアイテムに、愛犬との安全で楽しいドライブデートへの期待を高めていた。

 

わんにゃんドームのトヨタドッグサークルブースは大盛況。
わんにゃんドームのトヨタドッグサークルブースは大盛況。

 トヨタドッグサークルのブースでは、これらのアイテムは気軽に手に取って触れるよう展示し、実際に愛犬に試している人の姿も見られた。

 

ワンサーと愛犬のふれあいも。
ワンサーと愛犬のふれあいも。

一際人だかりが目立っていたのは、シエンタをベースに白い犬に架装したドッグカーのコーナー。(ドッグカーの写真特集はこちらから)車と一緒に記念撮影すると、オリジナルフォトフレーム付きのカードサイズの写真がその場でもらえる撮影会を実施した。

 また、ブース内でワンサーと記念撮影し、InstagramやTwitter、FacebookなどSNSで「#wanser_toyota」とハッシュタグを付けて投稿すると、4種類から選べるオリジナルフレームがもらえるサービスが好評だった。

 

わんにゃんドームイベントレポート
前へ
大人気シエンタも展示されました。
次へ
出典:sippo
1/11
前へ
次へ
イヌと人のカーライフを考える

イヌと人のカーライフを考える

トヨタドッグサークルでは、ウェブサイトを中心に情報発信をしています。「イヌにやさしい車選び」や「カーライフにまつわる素朴な疑問&回答」はもちろんのこと、獣医師やドッグトレーナーに取材してまとめた、しつけ方法やイヌの病気・健康管理法など幅広い情報を取り扱っています。 ぜひ一度アクセスしてください。facebookページも公開中。

トヨタドッグサークル公式ページはこちら

おでかけ特集の記事


専門の獣医師があなたの疑問にお答えします(健康医療相談)