TOP > 室内飼い犬・猫の“脱走”の防止 のれんでも効果がある?!

室内飼い犬・猫の“脱走”の防止 のれんでも効果がある?!

リビングの人をのぞいて楽しむ猫
リビングの人をのぞいて楽しむ猫

 室内飼いの犬や猫が、飼い主が玄関から出入りするわずかなスキに屋外に「脱走」してしまうトラブルはよく聞かれます。帰宅した飼い主に向かって走っていき、勢い余ってそのまま家から飛び出してしまうことも。玄関の外が車のよく通る道だったりすると飛び出し事故の恐れもあり、大変危険です。脱走を防ぐ対策をご紹介します。

 

 

のれんやカーテンも勢いをそぐ効果あり

 対策としては、まずペットゲートなどでふさいで玄関に行けないようにすることが考えられます。ただし、子ども用のベビーゲートは猫や小型犬なら通れてしまうものがあるので、必ずペット用を選びましょう。バルコニーやカーフェンスも隙間があるので、ペット用の足元カバーなどでふさぐようにしましょう。


 玄関に行けないようにするのが難しい場合でも、走り出した勢いで外に出てしまうようなことがないよう、途中で立ち止まらせる効果のある障害物を置くのが有効です。のれんやカーテン、乗り越え可能な低いゲートなど、物理的に外に出ることを防げない物でも、全力疾走するペットの勢いをそいで我に返らせる効果はあります。これはペットが走り回るドタバタ音が気になる場合にもおすすめの対策です。

 

ペット用の低い柵
ペット用の低い柵

室内が安心して過ごせる環境かどうか見直して

 あまり頻繁に脱走を試みる場合は、家の中に問題がある可能性もあります。ペットにとって家の中が安心安全と感じられない場合、むだ吠えやスプレー行為(猫がおしっこをスプレーのように壁などにふきかけてマーキングすること)につながるだけでなく、外に出たがることもあります。特に猫はテリトリー意識が強い動物なので、何も問題がないのに外に出たがることはあまりありません。落ち着ける場所があるかどうか、家の外の野良猫や来訪者の気配を感じすぎる環境にいないかなどを見直してあげましょう。


 それ以外に、猫は退屈すぎると、外に出たがることがあります。飼い主がもっと遊んであげられるといいのですが、難しい場合は猫が楽しめる工夫をしてみましょう。


 たとえば、ときどきキャットタワーや家具の配置を変えてみたり、段ボール箱など猫がよろこぶものを置いてあげたり、定期的に少しだけ模様替えをしてみるのもいいでしょう。


 ただしキャットタワーの場合、ただ動かせば良いとか、高いところに登れるようにすれば良いというわけではありません。


 猫がキャットタワーや家具に登るのは、高いところが好きだからというより、興味深いものが見える場所が好きなのです。猫が一番喜ぶのは、飼い主や家族などの行動を観察することです。人が行き交ったり、動いているところを見下ろすのが好きなので、それがよく見えるような場所に登れるようにキャットタワーや安定した家具を配置するのがおすすめです。

 

人の活動を眺められるベストポジションでくつろぐ
人の活動を眺められるベストポジションでくつろぐ

運動不足が原因であることも

 犬の場合、運動不足で外に出たがることがあり、特にひとりで留守番することの多いコにはこうした傾向が強く出ます。「毎日散歩をしているので運動量は足りている」と考える人もいますが、散歩はあくまで飼い主とコミュニケーションをする心のリフレッシュの場にすぎず、運動量としては十分とはいえません。できれば週に1回程度、ドッグランなどに出かけて思う存分体を動かしてあげましょう。


 無理な場合も、なるべく遊んであげる時間を増やしましょう。「宝探し」など犬種ごとに楽しめる作業に模したゲームがあり、ものによっては室内でも楽しめるので、長雨の続く時期などおすすめです。犬は大好きな飼い主と遊ぶことで満足し、適度な疲れを感じてくれます。

 

人の動きに沿うような動線
人の動きに沿うような動線

◆脱走を防ぐポイント
(1) ペットゲートを設置する
(2) のれんなど障害物で勢いをそぐ
(3) ペットが安心できる家か見直す
(4) 退屈や運動不足を解消する


(金巻とも子)

 


◇金巻とも子
かねまき・こくぼ空間工房主宰。一級建築士、一級愛玩動物飼養管理士、家庭動物住環境研究家。設計業務の他、ペットとの快適な暮らしをテーマに住環境コーディネーターとしても活動。著書に『ねこと暮らす家づくり』(ワニブックス)、『マンションで犬や猫と上手に暮らす』(新日本出版社)、『犬・猫の気持ちで住まいの工夫』(彰国社)がある。

ペットの住宅事情の記事


専門の獣医師があなたの疑問にお答えします(健康医療相談)