TOP > 特集 > from 動物愛護団体

from 動物愛護団体

東京都杉並区、小中学校での解剖実習の廃止を決定!

1年で807匹のコイ、687匹のカエルが解剖の犠牲に  東京都杉並区では、区の教育センターの理科指導員が区立の小中学校に出張し、さまざまな理科授業を行う「理科出前授業」を実施していました。そのなかで全ての小学校でコイの解剖(小6対象)、全ての中学校でカエルの解剖(中2対象)が行われているという問題が2015年9月に発覚しました。平成27年度(2015年度)…[ 続きを読む ]

その他|動物愛護|カエル,コイ,動物愛護,廃止,解剖

JAVA

麻布大学回答 「サイエンス」誌論文は不正ではないが間違い訂正へ

 以前、当会ブログでオオカミを合法的に飼育している個人は確認できないことをご報告したのですが、その際、犬のように育てられたオオカミを行動実験に使ったとされる麻布大学の論文の疑問点についてもご紹介しました。  この件に関し、当会では、2月11日づけで麻布大学教務部学術支援課に疑義照会文書を送りました。  論文は、具体的には「サイエンス」2015年4月17日号…[ 続きを読む ]

その他|動物愛護|オオカミ,サイエンス,動物福祉,疑義照会,飼育

PEACE

2018年改正予定 私たちが求める動物愛護法の改正点とは

 私たちNPO法人動物実験の廃止を求める会(JAVA)は、同じく動物保護活動を行う、NPO法人アニマルライツセンター、PEACE 命の搾取ではなく尊厳を とともに、動物を虐待や殺害から守ることができるよりよい動物愛護法にするために、環境省への要望や国会議員へのロビー活動を開始しました。 「動物の愛護及び管理に関する法律」(動物愛護法)は、2018年の通常国…[ 続きを読む ]

その他|動物愛護|動物愛護法,動物福祉,改正,署名

JAVA

家畜の飼い方は変えなくてよいのか―薬剤耐性菌問題の今

 昨年11月、農林水産省が、「動物分野における薬剤耐性対策シンポジウム~G7獣医当局間の協力枠組活動の一環~」というシンポジウムを開催しました。  薬剤耐性菌の問題は、既に薬が効かないなど、抗菌剤の過剰・不適切利用によって現実のものとなっていますが、2050年には世界で年間1000万人が死亡するという予測が公表されるなど、人類にとってさらに大きな脅威となっ…[ 続きを読む ]

その他|動物愛護|家畜,耐性,薬剤

PEACE

あなたの卵の選択でニワトリたちに動き回る自由を

今年は酉年ということで、今回は卵を産むニワトリをフィーチャーします。 「物価の優等生」といわれる卵。1960年代以降価格がほとんど上がることなく、家計の味方といわれてきました。価格の上がらない理由は、円高の下で外国産飼料が安価に手に入るようになったからといわれていますが、果たしてそれだけでしょうか。  卵を産むニワトリは、卵用鶏(らんようけい)、採卵鶏(さ…[ 続きを読む ]

その他|動物愛護|ニワトリ,人と動物の関係,動物福祉,畜産動物

JAVA

「エシカル消費と動物への配慮を考えるシンポジウム」を開催しました

「エシカル消費(倫理的消費)」のムーブメントが日本でも盛り上がりつつあるなかで、その枠組みのなかに「動物への配慮」をきちんと位置付けようと、2016年10月2日、立教大学ESD研究所、NPO法人アニマルライツセンター、PEACE〜 命の搾取ではなく尊厳を、そしてNPO法人動物実験の廃止を求める会(JAVA)の4団体が、立教大学池袋キャンパスでシンポジウムを…[ 続きを読む ]

その他|動物愛護|人と動物の関係,動物保護団体,動物実験,動物福祉,消費者

JAVA

知っていますか? 多くの淘汰を伴うヌードマウスの生産現場

 全身の毛がなく地肌が見えているだけで痛々しく感じられるヌードマウス。胸腺がなく免疫力が失われているがために、多くの動物実験に用いられています。腫瘍の移植などに拒絶反応を示さないので、実験には都合がよいのです。  今では遺伝子操作によって多くの免疫不全マウスがつくられていますが、ヌードマウスは、そういった遺伝子操作でつくられたものではなく、突然変異で生まれ…[ 続きを読む ]

その他|動物愛護|ヌードマウス,免疫不全,実験動物,繁殖

PEACE

犬猫販売業者告発について

 栃木県の犬猫販売業者を動物愛護管理法第44条2項、愛護動物に対し適切な飼養管理及び健康管理を怠った虐待罪で告発しました。  今回、告発に至った経緯についてご報告いたします。  この業者については、約10年前から劣悪な環境下に多数の犬猫が飼養されているとの市民から公益社団法人日本動物福祉協会(以下協会)栃木支部に報告があり、そのため、栃木支部が現状を確認す…[ 続きを読む ]

犬|猫|動物愛護|ネグレクト,動物愛護管理法,動物福祉,告発,虐待

日本動物福祉協会

インドの四つのサーカスが「動物を使わないサーカス」に!

当会(JAVA)と協力関係にある海外の動物保護団体から届いたニュースをお届けします。  米国の動物保護団体PETA (動物の倫理的扱いを求める人々)とその支部PETAインドは、2012年11月から2013年7月までの9か月間にわたり、インドの16ものサーカスの調査を行いました。これらのサーカスでは、動物に対して残酷な器具を頻繁に使用したり、不適切な扱いをし…[ 続きを読む ]

犬|その他|動物愛護|インド,ラクダ,動物保護団体,動物福祉,馬

JAVA

ウサギの溺死実験など……日本法医学会は96年より動物実験指針の改正なし

日本の医学系学会では倫理規定が古いままであったり、誤りがあったりするため、PEACEでは改訂を求める活動を行いました。その一つをウェブサイト掲載のレポートの短縮版でご紹介します。    法医学は、犯罪捜査や司法などの場で必要となる医学的知見について研究する学問ですから、動物実験も事件・事故を模したウサギの溺死実験や、ラットの絞殺実験、創傷実験、炭…[ 続きを読む ]

その他|動物愛護|ウサギ,動物実験,溺死実験,絞殺実験

PEACE

7ページ中1ページ目を表示