TOP > 特集 > 幸せになった保護犬、保護猫

幸せになった保護犬、保護猫

飼い主に捨てられたり、野良として生まれたり……。さまざまな事情で住む家がなく、愛護団体などに保護された犬や猫たち。その後、新しい家族とめぐり合って、今は幸せに暮らす元保護犬や保護猫の物語を取材しました。

小さな子犬はスマートな中型犬に 家族の行動範囲も広がる

 保護団体から引き取った雑種の子犬は、1年もすると、狩猟犬のように、すらりと脚の長い犬に成長した。運動好きで、競技会に出場するなど、犬を通じて家族の行動範囲も広がった。   (末尾に写真特集があります)    横浜市在住の大渕麻乃さんは、結婚前、実家にたまたま迷い込んできた雑種犬を飼っていた経験がある。自分の家庭をもってからも、「次に飼…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|話題|ライフスタイル|ルアーコーシング,保護犬,横浜市,狩猟犬,雑種

sippo

夫婦を獣医、小説家へと導いた片目の“招き猫”「まねちゃん」

 東京都内の閑静な住宅街にある一戸建てを訪問した。30代の若い夫婦に案内されて階段を上がった先に待っていたのは、恰幅のいい、穏やかな顔つきのキジトラのオス。まん丸な瞳で、興味深そうにこちらを見つめている。  ——しかし、その反対の目は完全にふさがっている。   (末尾に写真特集があります)   「2012年2月、…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|ライフスタイル|NPO法人ねりまねこ,キジトラ,保護猫,招き猫,片目

sippo

全身タイツ柄!? ブログで大人気のカッパちゃんは元地域猫

「『あれ、黒猫がいるな』と思ったんですよね。でもよく見ると……」  2014年2月、凍えるような雪の日。「NPO法人ねりまねこ」(本部・東京)で保護猫活動を行う亀山嘉代さん宅の庭に、突如、1匹の猫が現れた。まるで全身タイツをまとったような、風変わりな見た目の猫だった。   (末尾に写真特集があります)    …[ 続きを読む ]

猫|健康|動物愛護|話題|ライフスタイル|TNR,カッパちゃん,保護猫活動,地域猫,NPO法人ねりまねこ

sippo

おだやかに家族を和ませる老犬「ムク」 夏に倒れるも、ゆっくりと回復へ

「ムクちゃんの取材に伺いたい」と、東京都内に住むMineさんとKazuさん夫妻に連絡を入れると、「2週間ほど前に倒れて具合があまり良くないのですが、そんな老犬でもお役に立てることがあればぜひ協力させてください」と答えてくれた。今年7月のことだ。   (末尾に写真特集があります)    「どんな様子だろう」と心配しながら取材先へ…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|話題|ライフスタイル|ミグノン,保護犬,動物愛護,殺処分,老犬

sippo

薄毛のトイプードル「けずり」は、二人の愛のキューピッド 家族に迎えた1年後、同じ日に入籍

 Naoさん、Ayaさんのお二人に「けっちゃん、けずちゃん、けずりん、時には「(愛を込めて)ハゲちゃん」と呼ばれて愛されている推定7歳のメスのトイプードル、けずり。けずりという名前は、ミグノン代表の友森玲子さんが、動物愛護センターから引き取った当時に付けた名前だ。   (末尾に写真特集があります)   「引き取られた時はひどい皮膚病で、…[ 続きを読む ]

犬|健康|動物愛護|話題|ライフスタイル|トイプードル,ミグノン,保護犬,分離不安,皮膚病

sippo

保護犬に見た亡き愛犬の面影 預かりボランティアで、離れがたく

 東京都内に住むYuhaさんと保護団体のミグノンとの出会いは、16歳まで生きた愛犬のシーズーとの別れがきっかけだった。   (末尾に写真特集があります)   「犬の16歳は、長生きで大往生だったのですが、やはり失った悲しみは大きくて。いわゆるペットロスですよね。ただ、すぐに新しい子を迎える気にもなれず、でも、犬には触れていたい。それでイ…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|話題|ライフスタイル|シーズー,ボランティア,ミグノン,保護犬,預かり

sippo

がんから再起、支えは大きな秋田犬 一緒の時間が「人生のごほうび」

 夕暮れ時の公園のカフェで、Kiyoさんは友人とおしゃべりを楽しんでいた。2人の足元にゆるりとくつろいでいるのが3歳のメスの秋田犬「七海」(ななみ)だ。 (末尾に写真特集があります)  七海はグレーと白の長い毛に覆われ、体重が21キロある。それでも秋田犬にしては小柄だそうだ。寝そべっていても、その大きさは人目を引く。長毛の秋田犬はめずらしいこともあり「何犬…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|話題|ライフスタイル|がん,インスタグラム,ミグノン,秋田犬,街

sippo

成犬で保護 怖がりなチワワ・ハルが、夫婦のペットロスを癒やした

 チワワのハルは、飼い主のKazuさんに抱き上げられ、奥様のYumiさんとともにマンションのエントランスにやってきた。うるうるした瞳とフワッフワの毛並みがかわいらしい。触れようとすると「あ、危ないですよ」とKazuさんから言われた。   (末尾に写真特集があります)  ハルは初対面の人が苦手だという。Kazuさんの腕の中で体をこわ張らせ、大きな目…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|ライフスタイル|チワワ,ペットロス,ミグノン,保護犬,成犬

sippo

「よしだただし」改め「ダダ」 超ビビリを克服、グッズ販売で保護活動に協力

「よしだただし」改め「ダダ」。彼が住むのは、東京都内のオフィス兼自宅のマンションだ。「オフィスなので、常に誰かがいるから、『ダダ』が寂しい思いをすることはないと思って」と飼い主のKuniさんは言う。   (末尾に写真特集があります)  オフィスには先住猫のジジもいる。美男子でしぐさも動きもエレガントだが、前脚が一本少ない。「脚が一本足りないなんて…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|ライフスタイル|インスタ,ブル,ミグノン,ミックス,保護犬

sippo

幸せを呼ぶ“顔の黒い女”「リュネット」 穏やかに笑う

 飼い主のAyaさんと一緒にゆったりと散歩するリュネット。遠くから一目で「あ、リュネットだ」とわかる。白い体に水玉模様が可愛らしく、顔だけが真っ黒だ。  真っ黒な顔の中で、黒目がちな瞳を際立たせるように、目の周りだけ丸く白い毛で囲まれている。これが名前の由来。「リュネット」とはフランス語で「メガネ」の意味だそうだ。引き取られた後も「リュネット」の名前で呼ば…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|ライフスタイル|メガネ,保護犬,動物愛護団体,幸せ,預かりボランティア

sippo

1ページ中1ページ目を表示