TOP > 特集 > ペットと人のものがたり

ペットと人のものがたり

1年育てた犬と半年ぶりに再会! 盲導犬めざし、りりしく成長

 盲導犬の候補の子犬を1年間預かって世話をするボランティア「パピーウォーカー」。ラブラドール・レトリーバーの「サンディ」を育てて、日本盲導犬協会に送り出した家族のもとに、半年後、朗報が入った。サンディが第一関門の適正テストに受かり、10月、協会の訓練センターで1時間だけ再会できることになったのだ。   ( 末尾に写真特集があります ) …[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|話題|ライフスタイル|ドッグラン,パピーウォーカー,レトリーバー,日本盲導犬協会,盲導犬

sippo

小さな命を救ったリレー 大やけどから復活した猫「たま」

 地域猫がメッキ工場で劇薬の容器に落ち、大やけどを負った。だが、人々の善意で一命をとりとめ、今は新しい飼い主のもとで幸せに暮らしている。九死に一生を得た猫「たま」に会いに行った。   (末尾に写真特集があります)   「たま」は、雑種のオス猫、推定2歳半。東京都葛飾区在住の会社員Oさん(34)宅で暮らしている。 「仕事が終わると直帰して…[ 続きを読む ]

猫|健康|動物愛護|話題|ライフスタイル|ねこねこ亭,ボランティア,事故,保護猫,地域猫

sippo

階段上れぬ大型犬に添い寝し、介護 「まだ、そばにいなさいよ」

 ペットも年を取ると、不調が表れ、時に介護が必要になる。特に大型犬は身体が大きい分、飼い主の負担も大きい。高齢のラブラドール・レトリーバー「小次郎」の老いと、“笑顔”で向き合う女性に、シニア犬と暮らすコツを聞いた。   (末尾に写真特集があります)    海から近い、神奈川県鎌倉市の住宅街。庭に囲まれた一戸建て住…[ 続きを読む ]

犬|健康|動物愛護|話題|ライフスタイル|レトリーバー,介護,大型犬,室内飼い,高齢犬

sippo

残りの人生を猫のために! がん再発後に自宅で保護猫カフェ

 大病を患うと人生観が変わる、と言われる。対人関係が苦手だった女性が、がんを患った。それを機にむしろ前向きになり、貴重な時間を保護猫の預かり・譲渡のために使うことを決意。ついに自宅で保護猫カフェも開いた。猫の命を守りながら自らの命をかがやかせている。   (末尾に写真特集があります)    東京・多摩東部の丘の上に建つ洋風の家。壁には、…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|話題|ライフスタイル|がん,ねこかつ,ボランティア,保護猫カフェ,自宅開放型

sippo

女子中学生が猫の預かりボランティア 「保護猫のこと伝えたい」

 猫の保護活動に取り組むのは、大人だけではない。小学生の時に殺処分について知り、「不幸な猫を減らしたい」との思いから、ボランティアを続ける女子中学生がいる。テレビ番組でも取り上げられた、噂の少女に会いにいった。   (末尾に写真特集があります)    埼玉県川越市の佐々木夏妃(なつき)ちゃんの自宅を尋ねると、居間の真ん中に大きなケージが…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|話題|ライフスタイル|ねこかつ,ボランティア,保護猫,譲渡会,預かり

sippo

犬猫と一緒に入れる供養塔 都会のお寺が建立、保護猫譲渡も

 雨上がりの朝、東京都世田谷区の住宅地にある浄土宗の古いお寺「感応寺」を訪ねた。 「ほら、チュウちゃん、タビちゃん、だーちゃんもおいで」   (末尾に写真特集があります)    18代住職の成田淳教さん(42)が声をかけると、境内にいた猫たちが2匹、3匹と、集まってきた。そして、ごろんと転がって、毛づくろいを始める。皆、朝日を浴びて気持…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|話題|ライフスタイル|お墓,世田谷区,保護猫,地域猫,永代供養

sippo

20歳の猫「ベル」 「寝たきり」覚悟の大けがを乗り越え、奇跡の快復

 飼育環境やフードの向上などでペットも長生きになった。猫の平均寿命は15.04歳(2016年日本ペットフード調べ)。今では20歳(人の100歳に相当)の猫も珍しくはないが、大けがをして不自由な身体になりながら、今も元気に生きる20歳のメス猫「ベル」の軌跡を紹介する。   (末尾に写真特集があります)   「ベルッ! どうしたの?!」  …[ 続きを読む ]

猫|健康|動物愛護|話題|ライフスタイル|介護,保護猫,横浜,長寿猫,骨折

sippo

ひとり者の男だって猫は飼える!  愛情深く3匹と同居、保護活動も

   最近は保護猫への理解が深まり、譲渡会も多く開催されているが、独り暮らしの男性となると、譲渡を受けるハードルが高い。3匹の猫を大切に育て、自らも保護活動をする熱き独身の中年男性がいた。   (末尾に写真特集があります)   「ほらっ、おやつの時間だぞー」    夜8時半。義男さん(仮名、45歳)が声をかけると、猫たちが居間…[ 続きを読む ]

猫|健康|動物愛護|話題|ライフスタイル|キャットウォーク,保護猫,独身,猫エイズ,譲渡

sippo

千葉で保護された中年猫 横浜で優しい“お姉さん”と熱愛中?!

 保護猫を引き取って飼い猫にすることが広まりつつある。それでも子猫の方がおとなの猫より、もらい手が見つかりやすいのが現実だ。その中で、5歳を過ぎて、新しい飼い主と出会い、幸せに暮らすオスの中年猫がいる。安住の地を見つけた「トロ」に会いにいった。   (末尾に写真特集があります)    ブティック、靴屋、洋菓子店……[ 続きを読む ]

猫|健康|動物愛護|話題|ライフスタイル|アニマルライフ,保護猫,横浜,譲渡,雑種

sippo

猫白血病ウイルス感染症の捨て猫 新しい家族に見守られ、元気に走り回る

 猫にはパルボウイルスや猫白血病ウイルスなど、発症すると完治が難しい感染症がある。そんな病気にかかって一度は人に捨てられながら、新たな家族と出会って、ノビノビと暮らす若い猫がいる。その「ムク」に会いに行った。   (末尾に写真特集があります)    東京都内のマンション(4LDK)が、雑種の猫「ムク」(推定1歳)の現在の家だ。8月末、飼…[ 続きを読む ]

猫|健康|動物愛護|話題|ライフスタイル|ワクチン,保護猫,感染症,捨て猫,白血病ウィルス

sippo

3ページ中1ページ目を表示