TOP > 検索結果

“動物愛護”検索結果

43件 1〜10件目

相次ぐ多頭飼育崩壊 犬20匹取り残され、高齢の飼い主は入院

 静岡県藤枝市岡部町の山中にあるトタンで囲われた土地に11月初め、シバイヌ20匹が取り残された。高齢の飼い主は入院。地主や保健所が再三、適正飼育を求めたものの、聞き入れられなかったという。相次ぐ「多…[ 続きを読む ]

火葬場に向かうトラックで殺処分 死と隣り合わせの動物たち

 徳島県神山町阿野の静かな山里に、県動物愛護管理センターはある。警察や保健所などを通じて県内で保護された犬や猫たちがいる収容棟に足を踏み入れると、「ワンワン!」と元気な声が聞こえてきた。  長靴に履…[ 続きを読む ]

「責任持って飼って」ジュリアーノ・こにゃん市長、学校に登場

 滋賀県湖南市がインターネット上に設けた仮想都市「こにゃん市」のジュリアーノ市長(雄猫、3歳)が12日、市立下田小学校を訪れ、動物愛護を学習した児童の発表に聴き入った。   (末尾に写真特…[ 続きを読む ]

ペット救うため早朝7時から診察開始 働く飼い主にも好評

 昨夜からペットの具合が悪そうだ。でも「ペットの体調」を理由に仕事を休んだり、遅刻したりは出来ない。そんな飼い主たちのために、朝7時から診察を始める動物病院が山口市にある。今年11月に開業2年を迎え…[ 続きを読む ]

犬猫の多頭飼育崩壊を防ぐため「事前届け出の義務」を検討

 多頭の犬猫所有者が飼育を続けられなくなる「飼育崩壊」。これによる犬猫の健康状態の悪化や自治体の引き取り増などを防ごうと、神奈川県は多頭飼育の事前届け出義務を課す方向で検討を始める。7日の県議会一般…[ 続きを読む ]

路地の「四つ子猫ちゃん」は地域のアイドル! そっと見守るギリシャのおばあちゃんたち

 ヤーサス!  今日は、近所の四つ子の子猫ちゃんの、この上なくラブリーな成長っぷりをお送りします。   (末尾に写真特集があります)    これまで紹介してきたタヴァーンでのおね…[ 続きを読む ]

おだやかに家族を和ませる老犬「ムク」 夏に倒れるも、ゆっくりと回復へ

「ムクちゃんの取材に伺いたい」と、東京都内に住むMineさんとKazuさん夫妻に連絡を入れると、「2週間ほど前に倒れて具合があまり良くないのですが、そんな老犬でもお役に立てることがあればぜひ協力させ…[ 続きを読む ]

赤ちゃん猫を引き取り 「ねこかつ」梅田さんが語る「不幸な命をなくすには」

 今年4月から、茨城県動物指導センターに収容された猫の「全頭引き出し」を始めました。状態が良く、生後2カ月を超えていると見られる猫はほかの動物愛護団体が引き出してくれるので、主に体調が悪かったり乳飲…[ 続きを読む ]

坂本美雨&サバ美 保護猫が開いてくれた日本での「人生の扉」

 両親について、9歳で渡米。思春期をニューヨークで過ごし、21歳で帰国。いつも猫が身近にいたという彼女の、人生の転機を支えてくれたのは、保護猫の「サバ美」だった。 文/浅野裕見子 撮影/松永卓也  …[ 続きを読む ]

東京都杉並区、小中学校での解剖実習の廃止を決定!

1年で807匹のコイ、687匹のカエルが解剖の犠牲に  東京都杉並区では、区の教育センターの理科指導員が区立の小中学校に出張し、さまざまな理科授業を行う「理科出前授業」を実施していました。そのなかで…[ 続きを読む ]

5ページ中1ページ目を表示